※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006 JAF Tsukuba FJ1600 Championship Series



Round 2

Qualify

予選5分過ぎ、木村友哉のマシンが80Rでスピン、クラッシュ。
リアアームを破損した。

Race

スタート直後の1コーナーでMIKAのマシンがスピン。
そこに後続の大野浩太郎が避けきれず衝突。両者マシンを壊しコース上で
ストップしてしまったため、レースは赤旗中断となった。


Round 4

Race

2週目80Rコーナー、早野光がスピンしクラッシュパッドに接触した。


Round 5

Race

3週目の最終コーナーで安藤純樹と勝間田修の大きなクラッシュが発生。
このクラッシュが原因でレースは赤旗中断となった。 詳しい事は不明。

再スタート後の5週目、再び最終コーナーで鈴木修平と大森弥の
マシンが接触。タイヤに乗り上げた鈴木のマシンはそのままコースアウト。リタイアした。