※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006 Formula Nippon

Test

富士スピードウェイにて行われた新エンジンテストの
午後のセッションで小暮卓史のマシンがクラッシュ。詳細不明。



Round 2 Suzuka
Race

33週目、ホームストレートにて片岡龍也に抜かれたロニー・クインタレッリの
マシンが1コーナーでコースアウト。タイアバリアに衝突した。


Round 3 Twinring Motegi
First Qualify

予選残り13分、ヘアピン立ち上がりで折目遼のマシンがクラッシュ。


Round 4 Suzuka
Final Practice

フリー走行残り10分に柳田真孝の
マシンがスプーン立ち上がりでスピン、ガードレールに接触した。

Race

19週目、ホームストレートでロイック・デュバルのマシンが星野一樹(?)のアウトに
並びかけ抜こうとしたが、ブレーキングが間に合わず
1コーナーでコースアウト。タイヤバリアに衝突した。

25週目、ダンロップコーナーで武藤英紀のマシンがスピン。
イン側のウレタンバリアに接触し、ノーズを破損した。

41週目、同じくダンロップコーナーにて
星野一樹と金石年弘の2台によるアクシデントが発生。
発生時の映像は無いが、恐らく星野のマシンがスピンしてイン側の
ガードレールに接触。勢いは止まらずそのままコース上に戻り
金石がそれを避けるためにアウト側へコースアウト。スポンジバリアに衝突した。


Round 5 Autopolis
Second Qualify

開始5分に第2ヘアピン立ち上がりで荒聖治のマシンがクラッシュ。
マシンは大破したが、荒は自力でマシンから降りることができた。

Race

スタート直後のホームストレートにて小暮卓史とロニー・クインタレッリ
のマシン2台が軽く接触。小暮のマシンは1コーナーでスピンし、
ブノワ・トレルイエもアクシデントの影響を受けスピンした。

58週目、2コーナー(?)で小暮卓史と武藤英紀のマシンが軽く接触。
武藤のマシンはコースに戻ったが、小暮のマシンはそのままタイヤバリアに衝突した。

63週目、ロイック・デュバルのマシンがスピン。ガードレールに衝突後、
コース脇に止まっていた折目遼のマシンリアに左側から激突。
激しいクラッシュだったため、容態が心配されたが大きな怪我は無かった。


Round 6 Fuji Speedway
Race

1週目、コカコーラコーナー手前のストレートで片岡龍也のマシンがスピン。
ガードレールに接触、しフロントウイングを破損してリタイアした。

11週目の1コーナー手前。荒聖治のマシンがスピンしアウト側の
ガードレールに衝突してノーズを破損した。

52週目、300Rで土屋武士のスリップについていた平中克幸のマシンが
シケイン手前でブレーキングとハンドリングを誤り接触。土屋のマシンはスピンしリタイアした。


Round 7 Sports Land Sugo
Test

午前のセッション終了間際に小暮卓史のマシンがSPコーナーで
コースアウト。クラッシュし、マシンを大破させた。

Race

11週目のハイポイントコーナーで柳田真孝と
平中克幸のマシンが接触。柳田のマシンはコースアウトし、ウレタンバリアに衝突した。

35週目、金石年弘のマシンがレインボーコーナー立ち上がりでスピン。
リアからイン側のガードレールに衝突し、マシンが跳ね上がるクラッシュになった。

43週目の最終コーナーで平中克幸のマシンがスピン、
ウレタンバリアにクラッシュしてリタイアした。


Round 8 Twinring Motegi
Test

午後のセッション中、ロイック・デュバルのマシンが4コーナー出口で
スピン、ウォールにヒット。ドライバーには怪我はなかった。

Race

1週目、3コーナー手前で井出有治がスピン。
そのまま荒 聖治と平中克幸を巻き込んでコースアウト、リタイアした。

同じく1週目、5コーナーアンダーブリッジで道上 龍と星野一樹のマシンが
接触、星野(?)はそのままタイヤバリアへ接触、道上はサスペンションを
破損し、両者ともリタイアした。


Round 9 Suzuka
Fianl Practice

セッション終了直前、高木虎之介のマシンが130Rでコースアウト。
バリアに接触したものの、ドライバーは無事だった。

Race

1週目、2コーナー立ち上がりで高木虎之介のマシンがスピン、
イン側のバリアに衝突してリタイアした。

26周目、トップを走っていたブノワ・トレルイエがスプーン入り口で
スピンし、そのままスポンジバリアへ激突。
ハイスピード状態でのアクシデントでドライバーの容態が心配されたが
自力でマシンから脱出することが出来た。