おどろき戦隊 モモノキファイブ 用語集
-------------------------------------------------------------------------------------------
/ / / / / / / や / /


矢作紗友里(やはぎさゆり)
アイムエンタープライズ所属声優で日笠とは「ちゅーぶら」、「生徒会役員共」とそのウェブラジオ「ちゅーぶら!!下着同好会放送室(前半4回のみで、後半4回の日笠にはメッセージのみ残した)」、「全ラ」で共演している。愛称は「ぉはぎ(ぉは様)」。日笠、田村、中村と同じく貧乳をネタにされており、全ラ宛おたよりで「コーヒーを飲み過ぎると乳がしぼむ」、日笠の「貧乳は乳腺が発達しない病気」という情報に動揺したり、全ラ10回、まっぱ1回でグラビアアイドルは胸を大きくする為に鳥の唐揚げを食べている事を知って鶏肉料理を食べまくっている(食べるでしょと勝手に注文される)事を日笠にバラされる。現在は唐揚げよりもサプリ摂取の方に切り替えたりしている。
ヤバイヨヤバイヨー
日笠の第1シーズン6月頃のかけ声。出川哲郎の口癖をパクったもの。
Yahoo知恵袋
第1クールの頃、日笠に対する質問が投稿されたYahooの質問箱サービス。第100話で人生相談バトルが始まるより前の番組名も決まってない段階のコーナー案で「ヤッホー知恵袋」というものがあったと中村が語った。
山口清裕(やまぐちきよひろ)
11年6月までシグマセブンe所属で現在はフリーの声優(実は父親も声優で11年秋に急逝した際に明かした)。第79話ヒーロー見つけーローAfterStoryで高城元気の誕生日企画の話題に登場し、日笠から「カエルみたいな奴が居るんですけど」と触れられる(まじポン!第12回によると、メガネを外した顔をダンス講習の先生に「お前カエルみたいな顔してるな」と言われた事から。その際のダンスもジャンプが多かったらしい)。第126話ではサンリオピューロランドにアイムの3バカ(日笠・利根・折戸)と一緒に行った話題に登場する(ひみつ図鑑6では日笠が最近は山口を加えて4バカになっていると語る)。アニたまでは『まじポン!』で2人が世間に広めたいと思う人を呼ぶコーナー『詳しくはまじポン!で』に番組初ゲストとして呼ばれて以降も何度か登場し、菅沼久義・寺島拓篤とはSDガンダムの話題で盛り上がっていると語った。愛称は「キヨ」その前は「ぐっさん」と呼ばれていた。同回でニーハイソックスを履く為に片足だけ脛毛を剃る様子が放送され、続く5・6回にも収録現場には居たがマスクを付けられて喋っていない。11・12回では「また呼んで下さいメールが100通来たらゲスト」という条件を達成した為にまた呼ばれ、「(ここまでの放送で半分の回に出てるから)もう準レギュラーだよ」と言われる。39回ではトネケンと共に登場してスタジオでおでんを食べながらの忘年会、40回では番組タイトルを『とねキヨ!』と改名して(間島と菅沼にディレクションされつつ)トネケンとパーソナリティを務めた。
山崎はるか(やまざき-)
アーツ所属声優でミリラジのパーソナリティ。所属初期に中村から『ヤマザキはる(か)のパンまつり』とあだ名を付けられるが、その後養成所で同クラスだった東山からは『はるにゃん』と付けられ(沼倉はこのあだ名に対して「お前がはるにゃんかよ」と違和感を持たれている)、現在はこれと山崎の両親がよくジャンプするからと呼んでいた『ぴょん吉』(本人にはウサギからと思われていたが実は平面ガエルだった)が併用されている。飲料用の水を体質的に受け付けないのでレモンティー(ラベルを取るので中村から尿に見えると言われる)やカルピス(ニコ生で、もちょから米のとぎ汁と称された)で代用している。
山本希望(やまもとのぞみ)
VIMS(アイムの子会社)所属声優。アニたまでは『週刊アニたまがじん(前期)』と『まよなかデリバリー』のパーソナリティ。一般的な愛称は『のぞふぃす』、まよデリでは『のじょさん』、デレラジでは『のんたん』。日笠5回目の誕生日回の第224話に中村と副隊長と共にゴリラ、1年目再現コーナーに24歳のモモノキイエロー役として登場した。ゴリラのような毛深い男子(注/ゴリラ系男子とは違う)が好みのタイプという部分が曲解された為か色々な番組内でゴリラが登場する事がある(あいうらじお第4回ではちゃんこ氏がゴリラマスクで登場、まよデリではシンボルマークがゴリラ※その肩に居るカナリアは相方のゆーみん(内山)を表す)。まよデリのコーナー『のじょみしゅらん』では山本の実家から贈られてくる米を使ったご飯を大量に食べる様子が放送されている。簡単料理として、ご飯+スクランブルエッグ+納豆+バター+ポン酢で作る『ノゾフィス丼』という丼物を考案した。
やめぺろ(・ω<)
第26話にて日笠が生み出した、「てへぺろ(・ωく)」の発展系。同放送で中村も「あせぺろ(・ω<;)」を生み出すが、これは却下された模様。
やんだやんだー
たまに日笠が「やだやだー」と叫んだ後に続ける言葉。
幼稚園スモック
DJCD2でピンクの子守りアルバイト中に乱入した「よーこちゃん(5歳)」=日笠が着ていた服。後にデジスタ47回、第53話スペシャルミッションでは副隊長が着て参加した。三姉妹第114回(12年6月1日)では大亀が着て収録を行った(神田はネコ、鈴木は南瓜)。
よっぱさん(アイムエンタープライズ代表取締役・松田陽一)
日笠の所属事務所アイムエンタープライズの マネージャー →社長。第11話EDでは現場に来ていた事に気付かなかった日笠がスペシャルミッションの流れからブルーシートに寝転がってこの回を締めようと中村に提案したが、気付いた為に急いで起こした。第15話EDから第26話ふつおたコーナーまでは「M田(えむだ)さん」だったが、Wikipediaに書かれていた事が本人にばれないよう、名前に「よ」が付いてお酒好きだから「よっぱ(らい)さん」と暫定的に付けられ、第30話からはすっかり定着した様が窺える。日笠は昔、台本をグシャグシャにしながら怒られた事から頭が上がらない。DJCD2ではモモノキの重要な(偶然、日笠の悪い素行を見つけてしまう)収録以外ではめったに現れない事から日笠に「夢幻城よっぱ」と称される。第75話OPトークでよっぱさんに超タメ口をきいた中村を日笠が注意した際にアイムの社長になっていた事が判明した。第76話収録後と思われる9/14の夕方にDJCD3フリートーク部分の収録現場に現れる。第125話モモノキカルタジングル2本目で、マネージャー時代より髪型が変わり一段とふっくらした容姿が仏様に近づいたと言われる。

|