※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四十九話
「名も無き勇将」


華雄「ぬるい!ぬるいわ!こんなものか、連合軍は!」

確かに自分の私兵をいかに減らさずに戦う連合軍に比べて、西涼で鍛えられた董卓の軍の士気、武力は予想以上に強力だった。

華雄「董卓様が出陣する前に皆殺してくれるわ!」


ーエン紹の幕舎ー

エン紹「ちっ、華雄はまだ討てぬのか!」

幕舎に静寂が広がっていく。

エン紹「誰か我こそは、という勇将はおらぬのか!!」


「それがしに任せては頂けぬか。」

末席にいた男が発言した。


エン紹「君はいったいどこの出身で、立場は何だね?」

男「…幽州の出身、義勇兵を率いる者であります。」


広陵の太守、張超
「バカな!義勇兵の分際で発言など!控えておれ!」


曹操「……くく、まあよいでないですかな、義勇兵なら例え敗れて首になろうと構わぬではないですかな。」


曹操「どうだ、名も無き勇将殿、冷たいビールでも飲んで出陣すればいい。」


男「いえ、後で頂きまする。」


男「それから、私の名は関羽。幽州の巨星、劉備玄徳の義弟でありまする。」