※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四十四話
「我が子房」

故郷に帰った曹操は直ちに兵を集め、財産を兵糧に変え、軍備を整えていた。

そこへ…、

曹操「……で、私の軍師になりたいと言うのはあなたですかな?」

小柄な男が姿勢良く曹操の前に立っている。

細い眉が凛々しい。

小柄な男「はい。あなたの軍師になりに参りました」

曹操「ジュンイク、と言ったね?君は確かエン紹の配下にいたようだが…。」

ジュンイク「エン紹殿は、才を欲しながらその実、自分の気に入った人間しか欲していません。」

曹操「くくく…、では董卓は?」

ジュンイク「董卓は人すら欲していません、自分しか信じておりませんな。そして…。」

曹操「そして?」

ジュンイク「董卓は手を下さずともいずれ内側から崩壊するでしょう。」

董卓が全盛期にこの考え方が出来る人間はそうはいなかった。

曹操はニヤリと笑った。

曹操「我が子房がやってきたな。」