※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スレ物語

納得編

序章


教室の窓を一機の飛行機が半分に分けるのをずっと見ていた。

寝不足の自分にとって授業は子守歌にしかならず今日も気がつくと睡魔と戦っている。


3ヶ月前の騒動を僕は一生忘れないだろう。

そう、あれは暑い夏の日だった。