※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

張飛邸

月姫「軍師様お願いです。張飛を助けて…。」
張姫「…孔明様…。」
孔明「う、うむ、とりあえずやってみよう…。」

孔明、持ってきた袋の中を探し始めた。

孔明(…え~っと…どうしようかな~、解んね~や、とりあえず世界樹の葉を与えれば何とかなるかな?
ん~…薬草は…要らないし…こっちは…毒消し草か…これは消え去り草…これは……あっれ~?世界樹の葉が無いな~…どうしよう…
…ん?これ何だっけ…ま、いっか。これを与えてみるか…)

孔明「ではこれを…」

孔明、得体の知れない物を張飛の口許まで運ぶ
その時

?「ちょっと待て~、孔明~!」
孔明「…ビグッ!…劉備様、華陀先生!」

劉備、華陀を連れて来る

華陀「孔明!また何か訳解らぬ物を人に与えようとしてただろ?」
孔明「い、いや、そんな事無いですよ…はは…は…。」
華陀「…本当か~…それ見せて見ろよ。」

孔明から華陀、得体の知れない物を取る
そして鑑定

華陀「!、…これは…乾燥した…馬の糞じゃないか!」
孔明「!、なんと!」
一同「ジロ~…」

孔明に一同の冷たい視線が突き刺さる

孔明「…い、嫌だな、知らなかった訳では無いんですよ。馬の糞を口にいれたら、その拍子に起き上がると思って…ショック療法ですよ、ショック療法、…ははは…はは…は…何ですか?その皆様の目線は…
…そ、それよりも華陀先生、張飛将軍を診て下さい。」
華陀「!、ああ、そうだな。…劉備殿、あの約束頼むぞ!…では、ふむ…」
孔明「…ふぅ。」
月英「…バカ。」
孔明「…。」

孔明の疑惑さらに深まる