※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二十九話
「崩れる崖」


董卓「やはり、呂布へのアプローチは難しいようだな。」

李儒「いえ、あれで充分でしょう。丁原は疑り深く、嫉妬深い男。必ず何かのリアクションがあるはず。」

李儒「そう、呂布と丁原の関係など、今にも崩れそうな崖のようなもの。そっと手を触れるだけで自然に崩れましょう…。」

その通りであった。呂布の所に董卓の使者が訪ねた事を知った丁原は怒りを露わにして呂布と張遼を呼び出した。

ー丁原の陣営ー

丁原「貴様らぁ、ワシに黙って董卓の使者と何やら密談を交わしていたそうだな!」

張遼「お言葉ですが殿…。」

丁原「やかましいわ、せっかくの恩を仇で返しおって!」


丁原の声が夜空に響いている。