※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第四十二章・中編

黄「ほう、この俺に立ち向かおうというのか…魂はまだ死んでいないようだな」

ハク「黙れ、俺はまだ死ぬ訳にはいかないんだよ」

 睨み合う両者。互いに出方をうかがい、間合いを詰める好機を狙っている。

黄「どうした、この俺の間合いに入るのが怖いか?ならば直々に仕留めにいってやろう!」

 刹那、黄は強烈な踏み込みでハクの元へと迫った。

黄「さらばだ、我が旧友よ!」


ハク「かかったな、このナルシー野郎!」

 ズシャアッ!

 ハクは黄の飛び込む場所を予測し、足元の砂を蹴り上げた。

ハク「テメェならそう来ると思ったぜ。ならこっちはそれを利用させてもらうだけだ、喰らえ!」

 ハクはカウンターに必殺の一撃を繰り出すべく、大きく踏み込む。しかし、

ボ「ハク!それは罠だ!!」

ハク「!?」

 ハクが相手の動きを予測し、寸分の狂いもなく一撃を繰り出した先…そこには、何も無かった。全くの空…黄は、そのすぐ向こうに、後ろ跳びの姿勢でニヤリと笑った。

黄「ハハハ!お前が『俺の動きを予測する』というなら、俺は『お前が俺の動きを予測する事を予測する』まで!これが格の違いッ!」

ボ「ハク!危ない、下がれ!!」

黄「おっと、仕切り直しなどと生温い事を考えるなよ?先程言った事に偽りはない…見よ、これが鍵衆の力よ!」

 後退の勢いを活かして黄はその場で横に回転の力を加え、サーベルを薙いだ。

 ゴォォッ!

ハク「…!!ンだと…!?」


  炎。


 彼の得物の先から伸びたのは、紛れもなく赤き炎。先刻地面を焦がした、あの炎であった。
 本来あるはずのない事態に一瞬判断力を失ったハクは、炎の熱・風圧によって吹き飛ばされた。

 ゴッ。

 鈍い音を立ててハクは地に落ちる。

黄「…さて、終わりにしようか」

 止めを刺すべく、ハクのもとに歩み寄る黄。ハクには最早、彼の一撃をかわす余力さえなかった。

ボ「何やってんだ、ハク!逃げろ!!」

黄「改めて言おう。さらばだ、我が旧友よ…
 ……!?」


??「ソォォォマ…レイッ!」


 バシュウッ!

 何かを察知し、黄は半歩身を退いた。その眼前を突き抜けるは、一閃の蒼き稲妻。


??「良かった…なんとか間に合ったみたいだね」

ボ「お前は…」

ハク「麗!」


 相馬麗。彼らの前に現れたのは、かつての仲間、そして今は敵として袂を別ったはずの麗であった。

ボ「い、一体何しに来たってんだよ…」

 地に伏せたハクの元へ駆け付け、麗は言った。

麗「二人とも、ごめん…確かに僕は綺羅祭壇の手下だった。間違った支配者に従うだけの、弱き存在…
 だが、今は違う。もう迷わない、君たちと共に戦わせてくれないか…?」

ハク「麗……
 当然だ、前にお前が言ったろ?俺たちは友達だ、ってな!」

麗「……、ああ!」

 黄へと向きを変え、麗は再び口を開いた。

麗「黄君…と言ったね。ハク君は友達だ。彼を狙うというなら僕も容赦はしない」

 黄をまっすぐ睨みつける麗。しかしその沈黙も、長くは続かなかった。


 「…ハァ」

黄「全く…そのような友情ごっこを見せ付けられては、こっちは興醒めだよ。好きにするがいい…ハクとの決戦は、また別の機会にさせてもらうよ」

 サーベルを下ろし、彼らのいる場所から立ち去る黄。その背には、全く覇気は感じられなかった。
 彼らに背を向けたまま、黄は言い残す。

黄「…ハク。その命は、そこの男に救われたものだ。せいぜいその『お友達』に感謝するんだな。決して失望させるなよ…」


ボ「た…助かったのか…?」

ハク「みたいだな…」

 今までの緊張が解け、ボブはその場に座り込む。

麗「ぼ、ボブ君!?」

ハク「オイ、お前は何もしてねえだろ!?」

ボ「だって、仕方ないだろ…?
 それより俺たち、また前みたいに仲良くやれるんだよな?」

ハク「ったく…当たり前だろ?俺達、『親友』だからな」

麗「そういう事。さぁ、まずはハク君の傷の手当てをしないと」

ハク「だな…それだけじゃない、選挙も大詰め、俺達にはやる事がたくさんあるんだからな…」

 こうして再び三人となった『親友』は、夕陽の沈む道を去った…