※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第三十八話

『ムラサキイロ』

夕暮れも過ぎ、空が紫色に染まっていた。
納得学園の屋上で、相馬麗はそんな空を見上げていた。

麗「これから…どうしたらいいんだろ…」

麗は解らなかった。自分が取るべき行動が。

麗「僕は、どうやって君に近付けばいい?」

麗は誰もいない空に問い掛けた…その空の向こうに、かつての盟友を見据えて。
一秒一秒が、酷く長く感じられた。

クシュン!

麗は驚いた、この場所に自分以外に誰もいないと思っていたからだ。
しかし、さっきの音は確かに自分以外の誰かが発したクシャミだ。
麗は、恐る恐る音の方に目を向けた。

そこには、一人の美しい女生徒が黙々と絵を書いていた。
麗は何故か、やけにその女生徒が気になった。

麗「こんな時間に…何を描いてるの?」

麗の問い掛けに女生徒は答えなかった。
仕方が無いので、「見ていい?」と尋ねると女生徒は「いいよ」と簡潔に答えた。
その絵には一人の男が描かれていた。

麗「てか、こんな時間に…」

女生徒「描きかけだったから」

麗が尋ねる前に女生徒は答えてきた。

女生徒「この絵を描いてる途中、彼に呼び出されたんだけど…行っても誰もいなくて…どうせだから描ききっちゃおうと思って」

絵の中の少年を指差しながら呟く様に言った。

麗「そんな酷い奴の絵描いてるんだ?どうして?」

麗の問い掛けに対する女生徒の答えは明快だった。

女生徒「愛してるから」

麗「…そんな奴のどこが…」

女生徒「信じてるもん、今日こんな事があった分、明日はいっぱいアタシを愛してくれるって。」

麗「…」

女生徒「たとえ、どんな事があったって、信じて、その人の事を考えられる、それがパートナーでしょ?」

麗「君…凄いね」

そう呟いた麗は、自然と笑顔になっていた。

麗「君、名前は?」

女生徒「紫音」

麗「!!?…君が…イヤ、ありがとう、紫音!」
紫音「???…どういたしまして??」

麗は屋上を後にした。


麗『そうだよ、あの娘の言う通りだよな…。
しかし…あんな娘が汰譜王陣営にはいるのか…強敵だね。
やっぱりハクには僕が必要だ!!』

空には夜が訪れ、
麗の心に明かりが灯った。


                 fin。