※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第百三話
「訃報」


そのニュースはあまりに急すぎた。

『泰山群にて、曹操の父、曹嵩惨殺。』

会議室に重い空気が漂う。

ジュンイク「と、殿…。」

許チョ「……。」


曹操「……父上…。」


夏侯惇「曹嵩殿につけていた陶謙の護衛は逃亡しただとぉ!!」


曹操「…度重なるワガママにも笑って応え、俺の馬鹿な行動にも財を惜しみなく援助してくれた父上…。」

曹操「そして何より…、俺を一番信じてくれた父上……。」

ジュンイク「…殿…。」


曹操「父上は最期まで父上らしい…。」




曹操「死して俺に徐州を攻めよ、と背を押すらしい…。」



程立「い、いかにもですぞ!今こそ軍を動かすべき!」

陳宮「なりませぬ!軍は私情で動かすべからず、これは基本でありまする!」


曹操「徐州の民は皆殺せ…。会議は終わりだ…。」

曹操は窓の外の空を見ていた。

諸将は重苦しい足を必死で持ち上げ退室した。


曹操「お前も下がっていいぞ…。」


許チョ「父ちゃんが死んで、悲しくないのか?」


曹操「……悲しいさ。親孝行のつもりで呼び寄せた最中の事だからな。」
許チョ「悲しい時は泣く方がいい。俺の母ちゃんが言ってた…。」


曹操「お前も早く下がってくれ、主君の泣き顔など見たくなかろう。」

許チョ「ん。」