※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第九十六話
「若武者と大徳」


劉備「ほぇ~、やるもんだねぇ。」

張飛「けっ、大した事ないぜ!」

関羽「…だが、まだ子供だ…。」


劉備「いっちょ、会ってみるかぁ。」


二枚看板に次ぐ武将、麹義がいとも簡単に討たれた事もあり、戦は袁紹軍の一時撤退に落ち着いた。


ー公孫サン軍、幕舎ー

公孫サン「若武者殿、助太刀、非常に助かった。…しかし、一つ解せぬのは何故我が軍についたのかだ。」

事実、この頃の世論は明らかに袁紹軍に傾いていた。

趙雲「……、私は私の正義に従ったまでです。」
趙雲「…それに。ここには劉備殿がおられると聞きました。」

公孫サンの表情が少し曇る。


劉備「おや?あんた、俺を知ってるのかい?」

末席にいた劉備が大きな耳をほじりながら言う。
趙雲は振り返ると、若々しい顔をさらに輝かせ、
趙雲「はい、巨大な力に寡兵で立ち向かう大徳、劉備殿は私が探していた人物でありましょう。」

劉備は照れくさそうに笑った。

劉備「買い被りすぎなんだよ…。」