※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第九十五話
「戦場の華」


その青年は美しく戦う。

まるで、舞いを舞うかのように。

緩やかに腕が伸び、しなやかに矛がそれに続く。
まるでバイクと青年が一体化しているように綺麗な姿だった。


青年は麹義隊を次々なぎ倒していく。

しかし、返り血すら浴びていない。
首が飛ぶ瞬間にはそこにいないからだ。


その戦場に似つかわない美しい姿に両軍の動きが完全に止まった。



麹義「……おそらく俺の最後の敵になる、お前の名は…?」




「趙雲子龍…だ。」



麹義は一撃の元に切り捨てられた。