※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第八十五話
「哀しみの音」

チョウセンのバイオリンが心地よく響く。

その美しい旋律が宴を盛り上げた。

董卓「ほう…、王允の娘がこれほどの腕前とは…。」

誰もが目をつむり、自在に動く音を追いかけ、芸術という迷宮に迷い込んだ。


董卓「…だが、かすかに哀しみが混じっておる…。」


董卓「…呂布か…、こっちへ来ればよかろう。」


襖がスッと開き、殺気だった呂布が入ってきた。

董卓「俺を討つか…、面白い…。」


呂布と董卓が睨み合う。

策の露見に慌てた王允がチョウセンを襖の裏に引き連れた。