※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第八十二話
「2人の花園」


「もう…、会えないかもしれない…。」

チョウセンの声は震えていた。

呂布「…ドウ言ウ事ダ…、チョウセン。」

チョウセン「…、来週…、董卓様に嫁がなければいけないかもしれないの…。」

呂布「ソンナ、董卓様ハ、俺達ヲ認メテクレテタハズ…。」

チョウセン「ま…、まだ決まった訳じゃないけど…。」

2人の花園に沈黙が漂ったら辺りは夕暮れになった。

チョウセン「と、とりあえず来週、董卓様の家で宴があるの…。」



チョウセン「呂布様…、私の事…、愛してる?」


呂布「チョウセン…。」