※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

許昌、軍議室

カク「…であるからして、劉備の動向は…」
陳羣「…え~っと、今年度の予算はですね…」
筍攸「大河の治水ですが…」

それぞれが議題について話をする中…
丞相の席に座る曹操と隣りの夏侯惇

曹操「…。…。…。…暇だ。」
夏侯惇「!」
曹操「…なあ、惇…」
夏侯惇「駄目だ!」
曹操「…まだ何も言って無いではないか。」
夏侯惇「言わんでも解るわ!そろそろ武将のコレクト欲がでてきたのであろう?だから呉辺りを取りに行こうか…って事だろうが!」
曹操「ほ~、良く解ったな~。」
夏侯惇「解るわ!何十年一緒にいると思ってるんだ!」
曹操「そうか~…じゃあ次の俺の言葉も解るよな?」
夏侯惇「!、…くっ…」

司馬懿「…であると思います。如何でしょうか?曹操様。」
曹操「…うむ、それらはそれぞれ担当の者に任せる。
…それよりもわしは最近ずっと考えていたのだ…赤壁の敗戦以来、わしはいつかその雪辱を期す為に水軍を鍛えた。そして今、戦える軍になったと思うのだ。…そこで来月、呉を討つ事に決めた!」
司馬懿「それは急な…」
曹操「これはもう決めた事なのだ!…この遠征に反対する者は死罪だ!皆の者、準備にかかれ!」
一同「はっ!」
夏侯惇「…孟徳…。」
曹操「…では解散!」
夏侯惇「…。」


こうして呉への進軍が始まった