※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

…漢中付近…

曹丕
「親父に任された五斗米道鎮圧だが、兵力差もあるし何より魏の精兵にお前までいれば恐いものは何もないな。」
司馬懿
「確実さが大事。大殿もよくわかっていらっしゃる、ということでしょう。」
魏兵
「報告申し上げます!張魯軍が打って出てきました!」 司馬懿
「愚かな。大殿が諸将を掻き集めたこの軍にわざわざ戦いを挑むとは。」
曹丕
「蹴散らせ!勝利を掴むのだ!」

…両軍衝突…

曹仁
「へっ、大したことねぇな!」夏侯淵
「凡愚が!我が神速の攻撃、受けられると思ったか!」 徐晃
「……?」
曹仁
「どうした、徐晃?」
徐晃
「あの岩影の上の部隊は?」夏侯淵
「別動隊か!?」
ホウ徳(洗脳中)
「ふしュ~シゅ、しゅルるるル…。ちョ…ちょウ…ろ…ばンざいぃィぃィ!」
米兵
「ば…バんざイぃぃィ!!」曹仁
「なんだコイツ等は!」
ホウ徳
「ちョうろチょうロチょウろちョウろチょうろちョうロちょウロ…。フしゅ、しュるルルるゥ…」
夏侯淵
「目に焦点が合っていないぞ!」
徐晃
「ここはひとまず退くのだ」曹仁
「お、おう。」

退却する諸将だったが、ホウ徳の怒濤の攻撃は休みなく続き、ついにその突破力で本陣に達した…

ホウ徳
「シゅ、しュシゅるル…ちょウろぉ…。」
曹丕
「ひぃい!何という奴だ!気でもふれてるんじゃないか!?」
司馬懿
「こちらの被害も甚大…。力勝負では不利…。となれば、知力に依る計略を用いるのが定石…。」
曹丕
「おお!『水計連破』か!」司馬懿
「…ダメですな。今の私は英傑号令のようです…。」 曹丕
「じゃ、じゃあどうするんだよ!?」
司馬懿
「敵はどうやら洗脳されている様子。ならば、その洗脳を霧散すれば…。」
曹丕
「おおっ!『雲散霧消の計』か!」
司馬懿
「しかし、それも今となっては『虚脱の連計』ですな。」曹丕
「お前の嫁がいたろ!」
司馬懿
「今は許で色々根回ししているようで…。」
曹丕
「じゃあどうするんだよ!?俺は『指揮』だぞ!」
司馬懿
「ここは…歴戦の先輩に任せましょう。」
曹丕
「誰だよ!?」
司馬懿
「まあ、ご安心を。」
ホウ徳
「ちょウろチょうロちョウろちョうロ…。」
曹丕
「うわっ!こっち来たぁ!」
ジャーン ジャーン ジャーン
???「まずは奇襲成功…。」

ホウ徳
「!?!?!?!?!?」
曹丕
「カク殿か!?」
司馬懿
「さぁ、今のうちに縛り上げましょう。カク殿、ご苦労さまでした。」
カク
「ふっふっふ…奇襲の極意、心得たか?」
司馬懿
「大変勉強になりました。」曹丕
「よっしゃ、縛り上げたぜ!これでどうだ!」
ホウ徳
「ウがウガうガガ…。」
司馬懿
「若殿…そういう縛りは一体どうしたことですか…?」曹丕
「え?いつもシン洛にやってるやつだけど?」
司馬懿
「いや…ははは…(私生活が思いやられる…)。」
曹丕
「??(この縛り方、なんかまずかったのか…?)」

こうして、ホウ徳が捕まり、五斗米道側には動揺が走ったのだった…