※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二の城も落とした劉備のもとへ駆けて来る者がいた

劉備「?、何だ?」
厳顔「!、あれは黄権!」
黄権「はぁ、はぁ、はぁ、り、劉備殿、助けてくだされ!」
厳顔「どうした黄権!」
黄権「あっ!厳顔殿!実は我らが守る城が、五斗米道張魯の先鋒、馬超によって落とされたのです!その勢い凄まじく我らだけでは防ぎきれません。どうか!」
劉備「解った!援軍を出そう!…張飛!、月姫さん、廖化、張翼、雷同、を連れ、兵の半分を率いて援軍に行ってくれ!馬良さん、張飛の補佐を頼む。」
馬良「解りました。」
張飛「劉兄、解った!行くぞ!みんな!」
黄権「かたじけない!」

こうして二手に分かれた劉備軍
さて…