※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

…呉・建業…

プワォーン
孫権
「よしよし。この象も大分馴染んできたな。」
周泰
「はじめの頃は民がびっくりしていたものです。」

プワォーン

孫権
「ん?どうした?」

ガシャーン!

孫権
「なんだ争いごとか?」
周泰
「ここは自分が。」

周泰、酒場in

ガシャガシャガシャーン!

孫権
「なんじゃ、周泰。もうちょっと穏便に出来んのか。」
孫権、酒場in

覆面男
「はっ!はっ!せりゃぁ!」太史慈
「ぬん!せぃ!えりゃあ!」孫権
「どうして止めぬのだ、周泰?」
周泰
「太史慈殿が手をだすな、と言うので。」
覆面男
「破ァッ!」
太史慈
「でぇぇぃ!」

キ-ン!

太史慈
「ぐぉぁ!」
甘寧
「………!?」
周泰
「太史慈殿!?」
覆面男
「いい腕だ!だが、俺には及ばなかったな。」
太史慈
「…そうでもない。」
覆面男
「…!?」

ハラリ…

???
「…しまった!」
甘寧
「やはりな。」
太史慈
「予想どおりか。」
周泰
「なんと…!」
孫権
「兄…上…殿…?」

カラリンカラリン…

仮面男
「策、これからの行程なのだが……。……!?」
孫権
「策?やはり兄上!?」
仮面男
「いや、違う。李策といって、この辺を旅する者だ。」虚無僧
「……。(立派になって…)」周泰
「しかし、今は亡き孫策どのにそっくりだ。」
???
「ははは。よく言われるぜ。(当たり前だよ本人なんだから)」
甘寧
「……?………っ!」

シュッ!スパーン!

仮面男
「……!!」
孫権
「え?」
周泰
「周瑜殿?」
???(孫策)
「いや~こいつもよく似てるって言われて…。」

ジーッ

虚無僧
「(み、見られてる!?)」

シュッ!スパーン!

孫権
「父上!?」
太史慈
「知らん…。」
甘寧
「さぁて。アンタ等三人、一体どこの誰か、はっきりさせてもらおうか!」
???(周瑜)
「(もはや無理か。)そうだ。私はお前達の知る周瑜だ。」???(孫堅)
「しゅ、周瑜!?」
周瑜
「もう隠すことは無理です。状況を説明しましょう。」 ???(孫策)
「悪ぃ!俺のせいだ。」
???(孫堅)
「まったく…。」

………………………………
周瑜
「……ということだ。」
太史慈
「なんと…!」
甘寧
「あの呂布がねぇ…。」
孫権
「…では、私も協力をしますが……。」
孫策
「どうした、権?」
孫権
「父上や兄上は、私の代わりに国を治めることはないのでしょうか?」
孫策
「なんだそれなら…。」
孫堅
「!馬鹿者っ!!」
孫権
「!?」
孫堅
「主君たる者の重みはわかる。しかし、それを他人においそれと放り投げる軟弱に育てた覚えはない!まして死した父、兄に譲ろうなどとは言語道断!」
孫権
「父上…。」
孫策
「そういうことだ。俺も親父も孫呉はお前に任せる。」孫権
「兄上…。」
太史慈
「なるほど。これが江東の虎か。聞きしに勝る人物だな。」
孫堅
「皆の者まだ未熟者だが、息子を頼んだぞ。」
甘寧
「任されよ。」
孫策
「太史慈、周泰、甘寧も元気でな!」
周泰
「ああ!」
太史慈
「久々の打ち合い、楽しかったぞ。」
孫権
「で、ではせめて…。」
孫堅
「なんだ?」
孫権
「母上と義姉上達に会って頂きたいのですが…。」
周瑜
「権、気持ちはわかる。それに、私達も会いたい。しかし、私達はそのためにきたわけではない。ここでお前達と会えたのもただの偶然だ。」
孫策
「あまり会っちゃいけないんだったな、そういえば。」孫権
「し、しかし…!」
周瑜
「それに、会えば別れるときにまた辛い思いをしなければならないだろう?」
孫権
「……。」
孫堅
「では我々はそろそろ行くとしよう。」
孫権
「…気を…つけて…。」
孫策
「また会おうぜっ!」

立ち去ろうとする三人…

周瑜
「そういえば、こんなものを渡されていたな。」
孫権
「一体何ですか?」
周瑜
「今までの少しの間のことを忘れさせるものさ。」
孫権
「そんな…嫌ですっ!」
周瑜
「さよならだ…権。」

まばゆい光が辺りを優しく包んだ…

太史慈
「…ん?俺は一体何をしていたんだ?」
甘寧
「…?さぁ?」
孫権
「何かあったのだろうか?いまひとつ思いだせん。」 周泰
「ただ、なんとなくあたたかったような気がします。」孫権
「そうだな。ではそろそろ政務に戻るか。張昭が怒っていそうだからな。」
周泰
「そうですな。」

……

孫策
「いや、悪ぃ!」
周瑜
「ふっ、まぁいいだろう。」孫堅
「そうだな。」
孫策
「しっかし、権も立派になったが、俺達や親父の前じゃまだまだ昔の権だな。」 孫堅
「さぁて、呂布を捕まえにいくぞ!」

…現世の者に別れを告げ、天からの任務に就く三人。呂布は何処にいたものか。まだまだ始まったばかりである。