※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

益州劉備

劉備「ここが最初の城かい。先生、守将は誰だい?」
ホウ統「ここは張翼と雷同が守っております。」

一方城内

張翼「劉備軍が来やがったぜ。」
雷同「さて、どうするか?」
張翼「へっ、あんなの大した事ねーよ。俺がまずあん中から誰かを一騎打ちでぶっ倒してくらぁ!」
雷同「ま、まて、早まるな!」

雷同の言う事も聞かず飛び出す張翼

張翼「うらぁ!俺は張翼だ!誰か勝負しろ!この腰抜け供が!」
張飛「なにぃ!張翼だとー!俺と名前ばかりかキャラまでかぶってんじゃねーか!俺がやったらー!」

劉備軍から飛び出す張飛

張翼「へっ、張飛か!相手にとって不足はねー!この中華に同じキャラは二人もいらねー!消えな!」
張飛「うるせー!俺の方が先に出て来たキャラだー!お前が消えろー!」

壮絶な打ち合い
互いに50ターンずつ打ち合ったが勝負は着かない

張飛「なかなかやるなー!レプリカ!」
張翼「誰がレプリカだ、こらー!」
張飛「だが、これで終わりだ!」

『ガキン!』

張飛、気合いをいれ直し蛇鉾をふると張翼の持つ槍が二つに割れた

張翼「ぐっ!」
張飛「へっ!どうだ!」

張翼自らの負けを悟り馬から降りて張飛の前に出る

張翼「さあ、殺せ!俺の負けだ!」
張飛「…嫌だ!」
張翼「!、何故だ!」
張飛「…何故って、…お前が気に入ったからだ!お前、俺とそっくりでよ、まるで兄弟か何かと戦ってる様な感じかしたんだ!そんな奴を殺せねーよ。」
張翼「…張飛…。」
張飛「…どうだ、俺の舎弟になんねーか?あんな馬鹿殿に付いて死ぬより、俺に付いて劉兄ぃの為に戦った方が良いぞ。それに年齢的に俺はお前より早く死ぬ。そしたらお前が二代目張飛になればいいじゃねーか!どうだ?」
張翼「(しばらく考えて…)
…そうだな…宜しく頼むぜ…兄貴!」
張飛「ああ!」

こうして張翼は劉備軍へと投降したのでした