※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

荊州城
城へと戻ってきた関羽

尚香「お帰りなさい、将軍。」
関羽「あっ、姉上様。ただいま戻りました。」
尚香「…呂布は?」
関羽「残念ながら逃げられました。申し訳ない…。」
尚香「いえ、将軍、謝らないで。将軍が無事でなによりです。また来るのでしょうからその時は頑張ってくださいね。」
関羽「はっ。」
尚香「ところで孔明軍師は?将軍を助けに行ったのですが…。」
関羽「見なかったですが…
(は~ん、あの雷は…そういえば勝負を賭博にしていた者がいたとか…全部軍師殿だな。…勝負を賭博し民衆から金を巻き上げ、さらに民衆に雷を落とす…なんと冷酷な恐ろしい男だ。しかしそうでなくては軍師は務まらぬのであろうな…)」

そこへ銀屏が来る

銀屏「父上!遅いよ~。」
関羽「ああ、すまぬ。」
銀屏「早く車輪の出し方教えてよ。関平兄ぃじゃ駄目なんだよ。」
関羽「関平はどうした?」
銀屏「車輪やり過ぎて倒れて、『奮檄D』を飲んで眠っちゃった。」
関羽「そうか…
(倒れるとは情けない…)
どのくらい回ってたんだ?」
銀屏「ん~と、父上が出てからだから…6時間くらいかな。」
関羽「!、お前は兄をそこまでこき使ったのか!ばか者!
(それでは無理もない…)」
銀屏「!、…ひっ…だ、だって父上が、こ、来ないし、あ、兄ぃが、いいよ、大丈夫だよって、ゆ、言うから~、…ひっく…、は、早く、み、みんなの役に、た、立ちたかったから、け、稽古、し、しただけなの、のに~、…うぁ~ん…。」

関羽に怒られ泣きべそをかく銀屏

関羽「!、わ、解った、な、泣くな。稽古はつけてやるから、な。」
銀屏「うぅ、ひっく…ほ、本当?やったー!」
尚香「ほほほ。微笑ましいですわ。」
関羽「いや、お見苦しいところを…」
尚香「いえいえ。
…銀屏ちゃん、稽古も良いですが、女の子はお淑やかでなくてはなりませんよ。」
銀屏「は~い、尚香様。でも、劉備様が言ってましたよ。『普段は俺より尚香の方が強いんだぜ~』って…」
関羽「こら!銀屏!」
尚香「ふふ、良いんですよ、将軍。
…そうよ~、私もちょっと前まではたっくさん稽古したのよ~。呉の権兄様よりも強いんだから~。
…そうだ!最近体鈍ってるから私も関羽さんに稽古つけてもらおうかしら?」
銀屏「わ~い、一緒ににやろ~。」
関羽「あ、姉上様!。」
尚香「お手柔らかに宜しくね、関羽さん!」
関羽「…。」

その後、みっちり3時間稽古した3人であった