※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

漢中へと落ちて来た馬超達

馬超「ふむ、ここは不思議な集団が統治しているという…。馬岱、米は買って来たか?」
馬岱「ああ、大丈夫だ。」
ホウ徳「とりあえず尊師と呼ばれる張魯に会わねばな。…うっ、くっ!」
馬超「ホウ徳!どうした?」
ホウ徳「…ああ、やられた傷が痛んで…。あっ!(ドサッ)」

ホウ徳、馬から転げ墜ちる

馬超「ホウ徳!…これはまずい!早く張魯に会い手当てしてもらわねば!」

馬超達は急ぎ張魯に会いに行った