※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

…江南、討伐組…

呂蒙
「くそぅ、捕まってしまった。」
朱桓
「おまえが変なの踏むからだぞ!」
徐盛
「いや、普通わからんし。」呂蒙
「とにかくこのままじゃどうなるかわからんぞ!?」 朶思大王
「♪~♪♪~~♪」
徐盛
「この縄さえほどければ。」朶思大王
「さぁ、はやくお風呂に入らないと。」
呂蒙
「(チャンス!)」
朶思大王
「ちょっとアナタ、今、チャンスって思ったでしょ!」 呂蒙
「ギクッ!」
朶思大王
「んもぅ★アセらなくてもちゃんと後で相手してあげるから★」
呂蒙
「ゾワゾワゾワ……。」
朱桓
「呂蒙、おまえ妙に好かれてるな。」
呂蒙
「じょっ、冗談……。」
徐盛
「いや、まちがいないな。あれは。」

魯粛の副作用その一
『そのテに好かれる』

呂蒙
「や、やめてくれ~!」
朱桓
「どうだ、いっそ呂蒙を囮にして俺たちだけで脱出…。」徐盛
「グッドアイディア!」
呂蒙
「やめて~(泣)!!」
朶思大王
「さぁ、お★ま★た★せ★」呂蒙
「ひ、ひぇ~!!!」
???
「お待ちなさい。」
朶思大王
「だ、誰さ!?」
???
「まだ無名の将。しかし、いずれ、皆、私の名を胸に刻むことになるでしょう。」朶思大王
「名乗りなさいっ!」
???
「僕の名は陸遜。陸遜伯言。孫呉の者です。」
朶思大王
「マイクソンだかアンダーソンだか知らないけど、
やってしまいなさい!
忙牙長!」
忙牙長
「アオーン!」
呂蒙
「陸遜、気を付けろ!そいつはやたら速いぞ!」
陸遜
「任せてください。」

忙牙長、神速…陸遜、迎撃
忙牙長
「キャイーン!」
朶思大王
「忙牙長!?」
陸遜
「次は貴方の番です。」
朶思大王
「折角のイイ男、逃がしてなるものですか!!毒泉をお喰らいっ!」
陸遜
「ううっ…。」
徐盛
「陸遜!?」
朶思大王
「これでどう?」
陸遜
「僕に、力を。」
朱桓
「陸遜、コレを使え!」
呂蒙
「発毛剤か!?(バキッ!)ヘブッ!」陸遜
「これは…?」
朱桓
「火を恐れるな!陸遜!お前なら周瑜に劣らぬ強力な火が使えるはずだ!」
陸遜
「火、火…火ィ?」
徐盛
「や、やばい…!」
陸遜
「僕は…僕は……。」
朱桓
「…………。」
朶思大王
「ギャハハ!トドメよ~!」陸遜
「……………っ!」
陸遜
「灰になるがいいっ!」
朱桓
「おおっ!」
徐盛
「陸遜が…!」
呂蒙
「火を克服した!」
朶思大王
「嘘だ!嘘だっていってよ!」陸遜
「僕を侮った貴方の負けです。」

こうして、陸遜に助けられた討伐組…

徐盛
「ところで、どうしてこんなところに来たんだ?」
陸遜
「ははは…(出番が無いからなんて言えないよね……)」呂蒙
「わかった!これで丁度良くなるからだろ!」
朱桓
「何がだよ…。」

…討伐組に陸遜が加わり、孟獲に確実に近づく!さぁ次の刺客は一体誰だ!?