※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(呉の地、周瑜家…
陸孫
「2〉以来、私の出番が無いですねぇ」
魯粛
「んなことはどうでもいい!コイツをなんとかしてくれ!」
呂蒙
「と、都督…グスッ…。ちーん」(またもや魯粛の服で鼻をかむ)
魯粛
「はぁ…、もう服はどうでもいい…。だれかコイツを止めろぉ!」
陸孫
「呂蒙殿…、落ち着いて下さい。殿も『お前は勉学の才能が有る、周瑜の後を継げるように精進せよ』って仰ってたではないですか!?このままでは、都督に顔向けできませんよ!?」
呂蒙
「う、うるせー!火計だけが能のやつに何がわかるってんだ!これでも食らえ!」(火のついたままのお焼香を陸孫に投げ付ける)
魯粛
「あ!馬鹿野郎!皆急いで逃げるのだ!」
陸孫
「………火ぃ~?」
呂蒙
「はっはっは!ザマ~みやがれってんだ!ありゃ?皆どこだ?」
(周囲には誰も居なくなっている)
陸孫
「あ…」
呂蒙
「あ?」



陸孫
「あぢぃよぉぉぉぉ!!」(夷陵の炎が呂蒙を襲う!)
呂蒙
「ぎゃぁぁぁぁあ!!」
陸孫
「ふぅ、またやっちまった…あれほど火は嫌いだってぇのに…」(ハ○ト様か!?)
陸孫
「り、呂蒙殿っ!大丈夫ですかっ!?
あぁ、誰がこんなひどい事を…」
呂蒙
「へ、ヘヴィだ…ぜ…」(ガクッ)

こうして陸孫と呂蒙の絆(?)は築かれたのだった…半分脅しで…)