※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第六話

穎川に到着した曹操一団。それを先に出発していた夏侯惇の弟、夏侯淵が迎えた。

曹操「戦況はどうだ?淵。」

夏侯淵「依然、膠着状態ですな。」

曹操「さあ、どう戦う?」

夏侯淵「これは敵に勝つと言うよりも違った形の戦になるでしょうな。」
曹操がニヤニヤと夏侯惇を見る。

夏侯淵「安全に勝つよりも、派手な戦でマスコミにアピールすべきでしょう。」

夏侯惇「それでわざわざ少数の軍で来たのか…?」

曹操「エン紹初め、他の軍は大軍で被害を最小限に抑えるため、無理をせずに戦うだろう。俺達は少数で懸命に戦う。どちらが国のためを考えているように見える?」


曹操「大切なのは戦に勝つ事だけじゃない、ましてや、こんな小さい戦の功績など、つまらないものだ。」