※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第五話

ブロロロ…。

洛陽から予州、穎川に繋がるハイウェイを車やバイクの群れが駆け抜けていく。

そして、先頭の車には二人の男が乗っていた。

運転席の男「いったいこれだけの兵で何が出来るのだ。孟徳。ボンボンのエン紹はかなりの私兵を率いていたぞ…。」

孟徳「この戦をまだ敵を駆逐するものだと思っているのか?惇。」

夏侯惇「戦は勝ってなんぼだ。それ以外の戦は知らん。」

曹操「お前らしい、まあ、理解できるのは淵くらいだろうな。勝つのではない、克つのだ。」

夏侯惇「ちっ、聞いた俺がバカだったよ。」

しばらくの沈黙が車中を包む。


曹操「官軍は皇甫嵩だったな、確か。」

夏侯惇「ああ、なかなかやり手らしい。」

曹操「官軍は戦を勝とうともしていないさ。少し眠るぞ。」

夏侯惇「けっ。」


一団を率いる謎の男、彼にもまた、英雄の相が現れている。