※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

その頃孔明。

「やばい、周瑜の奴相当キテるなぁ…なんかブツブツ言ってるし…このままじゃ、いくら私でも火傷じゃすまない火計うってきそう…。」
ここで、ふと、外を見る。

「あ、子龍ぢゃん!!やっと来たよ!!遅せぇよ!!てか、なんで馬乗ってねぇんだよ!!まあいい、そんな場合ぢゃ無い。早く来い!!子龍!!。」
八卦の陣営発動!!(趙雲に一人がけ)

趙雲[ うぉっ! 何故私の武力が急にはっ あれは丞相!! 趙雲は槍を前に出したまま、丞相の元に高速移動]