※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

張飛婦人の一日
朝7時月姫起床「ふぁ~朝は眠いわ」
と、いいながら、眠そうだが朝飯を作り始める。
八時張飛起床「寝み~」
月姫「あら、張飛起きたの」
張飛「ああ」
月姫「さ、ご飯にしよ」
二人はご飯を食べる
その後劉備の家に向かう。もちろん月姫も一緒に
張飛「兄じゃ~」
孫尚香「劉備様は今はいないわよ」
月姫「どこ行ったかわかる尚香」
孫尚香「なんでも諸葛亮が帰ってきたらしくて、諸葛亮の家にいったわよ」
張飛「ありがとよ」
諸葛亮邸に向かう。
張飛「兄じゃ~」
月英「張飛うるさい」
月姫「あたしのダーリンに向かってためぐち」
張飛「すまん」
月英「劉備様~」
劉備「おぉ~張飛ではないか」
実は今日は劉備の誕生日なのである。
劉備「さ、入れ」
諸葛亮「え、ここ私の家なんですが」
張飛&月姫「お邪魔しま~す」
趙雲「張飛殿」
馬超「張飛殿」
次回に続く。