※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

孔明、月英伝(9)

『亮~!そろそろ行くぞ~!』

孔明は話を遮り立ち上がった。

『ごめん、月英さん。私はそろそろいかなければ…』
『うん、じゃあ私も…、…あ~、せっかく手伝って貰ったお礼に何か…』

月英は服や袋を捜した。服の間から何かが転がった。
孔明はそれを拾いあげた。

『これは…?。』

鉄で出来た小さな物を孔明は見つめていた。

『それはボルトだよ。』
『ボルト?』

月英は袋からもう一つ部品を取り出した。

『このナットと組み合わせると…』

月英はナットをボルトにはめてクルクルと回す。

『…おお!素晴らしい。何かを固定する物ですね。』
『そうだよ~。』
『私にくださいませんか?』
『ほぇ?こんなのでいいの?』
『はい。』
『じゃあ、あげるね。』『有難う。』
『じゃあ、私も行くね。』

そう言って月英は歩き始めた。
孔明は何かを考え月英を呼び止める。

『月英さん!』
『ん?』

孔明は貰ったボルトからナットを外すと月英に渡した。

『あの、これはお返しします。』
『どうして?』
『あの…いつかまた…貴女と…出会えるその時に…あの時の私だという証拠に…。…ボルトはお守りとして大切にします。』
『ん、解ったよ。』
『では。お元気で。』

孔明は伯父の方へ走っていった。

『亮ちん…か…』

月英もまた歩き始める。
2人の初めての出会いであった。