※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第八十話
「ウィスキーを飲み干して」

地下の薄暗いバーに袁紹はいた。

この数日間、様々な思いが入り交じり、嘆いてばかりいる。

袁紹「…どうしてこんなことに…、くそっ!」

4杯目のウィスキーを飲み干した時に、彼の軍師、田豊が肩を叩いた。

田豊「やはり、ここでしたか…。」

袁紹「ほっておいてくれ…、もう俺はダメだ…。」

田豊「……。」

店の中に袁紹軍の名だたる勇将、知将が入ってくる。


袁紹「お前達も曹操の所へ、行けばいいだろう…。」


「いい加減にしろ!袁紹!」

袁紹「…!!」

武官・文醜「許ユウ…。」

許ユウ「私は曹操と古くからの知人でしてな…、恐れ多くも今の殿を見たらおそらくそう言ったでしょう。」

田豊「…あなたはあの曹操のライバルなのですぞ、奴を倒すのはあなたしかいない。」

武官・顔良「そう…、ゆえに我々は殿を選び、従った、そうであるな!みな!」

バーの店内に歓声が広がった。


袁紹「……田豊、これからはいかなる不遜、僭越も許す…、俺に1から兵法を教えろ…。」




そうして袁紹、復活。
帰国した。