※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第七十八話
「水面の月」


王允宅

王允「チョウセン、ここに座りなさい。」

チョウセン「は、はい、お義父様…。」

チョウセンは盲目の、バイオリン奏者であった。それを王允が目をかけ、養女にした。

王允「お前は、飛将軍とねんごろのようだな。」
チョウセン「……、あの人は世間のいう程、悪い人ではありません。ただ…、不器用なだけ…。」

王允「わかっておる、それを咎めるわけではない。お前にはある事を頼みたい。」

王允「……、飛将軍殿に董卓を討ってもらいたい。」

空気が凍りつくのが盲目のチョウセンには敏感に感じ取れる。


チョウセン「あの方に謀反を勧めよ、と仰るのですか?」

王允「それしか、この国を救う策はない。」

チョウセン「……できません。」

予想外の答えに王允は声を荒げた。

王允「盲目のお前を拾ってやったワシの言う事を聞けないのかっ!!この恩知らずめがっ!」

チョウセンは黙り込んだ。

チョウセン「……でも…。」


王允「…ゴホン、ま、まあ、よく考える事だな…。何が一番良い方法か。」


チョウセンは何も言わずに外に出た。


水面に写る月が寂しげに揺れていた。