※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第二十三章
『誰が為に』

生徒会選挙を間近に控えた学園は活気を帯びている…

「だから…もう構わないで…」


「それはボクが決めるコトさ♪」

放送室から二人の声…

歩美?
「自分の感性を押しつけないで…」

汰譜王
「いいじゃない♪二人でやった方が仕事も早く終わるし♪それに今やってるの…生徒会用の人員配置図じゃないか…『ボク』が『生徒会長』になった場合のさ♪」

歩美?
「こ、これは別に…えーっと…えーっと…、そう!歩美がやれって言ったから…」

歩美?の顔が一気に赤に染まる…

汰譜王
「嘘はイケないよ~桜舞♪」

桜舞
「嘘なんかじゃな……きゃ…」

不意に汰譜王が桜舞を抱き締める

汰譜王
「ありがとう…。ボ…いや…俺は必ず生徒会長になってみせる…そして綺羅祭壇を潰す…。…歩美の…そして桜舞のために…」

桜舞
「…」

汰譜王
「あの時の俺は…歩美を助けられなかった…綺羅祭壇から…だけど今なら…」

桜舞
「言い訳だわ…」

汰譜王
「……そうだね…、でもやらなきゃ…今からでも…。それが手向けになるのなら…」

桜舞
「そう…ね…」

ハラリと桜舞の手から人員配置図が落ちる…

汰譜王
「ん…?この人は…」

桜舞
「どうしたの?」

汰譜王
「……この徐盛…って人…」

桜舞
「あぁ…その人は弓道部の部長ね…、かなりの実力派で部員からの信頼も厚いらしいわ…」

汰譜王
「これだ…」

桜舞
「え?」

汰譜王
「いい策が浮かんだよ…」


第二十三章・完