※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第八章

「友達になりたい」

その頃、何も知らないハクらは美術部の古泉に力を借りて選挙用のポスター作りに励んでいた。


古泉「違うよ、ハク。ポスターってのはメッセージを一枚の紙に凝縮したものなんだ。そこはそうじゃないよ。」

ハク「うるさいなぁ、とりあえず目立てばいいんだよ。」

美術室のドアが空いた。
ソーマ「やあ、ハク君。ここにいたんだ。」

ハク「え…と、誰だっけ…?」

古泉「朝のホームルームで紹介があったろう?例の交換留学生だよね。」
ボブ「それに昨日も会ったじゃない。校門の前で。」

ハク「あ~、あ~。ソーマだっけ?何か用か?」

ぶっきらぼうに放つ言葉に、妙な趣がある。

ソーマ「…生徒会長選挙に立候補するんだって?」

ハク「お?何で知ってんの?」

ソーマ「クラスの大黒屋さんが教えてくれたんだ。」

ハク「あのおしゃべり女め~。」

ソーマ「僕にも手伝える事、ないかい?」

ハク「いいけど、何で?」

ソーマ「君達と友達になりたいから…、かな?」


ボブ「もちろんいいよ、今は人手が多い方が助かるしな!」


4人で作業を始めて、数時間後が経った。

古泉「そういや、ムショ帰りの石覇を倒したんだって?」

ハク「もう広まってるのか?」

ソーマ「確か、右ストレートをかわしての反撃だったんだよね…。」

ボブ「そう!凄かったんだぜ、一瞬だったんだから!」

古泉「へ~、凄い勝ち方だなぁ、石覇ったら昔、絡んできた先輩10人を1人でボコボコにしたって噂だよ。」

ハク「へ…、へ~。ま、まあ、余裕だったよ。ぜ!」

ハクの筆が下書きの線を大きくはみ出した