※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第六十八話
「破滅への音」


曹操一行は自らの地元、ハイへ向かうハイウェイを走っていた。


曹操「あれでよかったのか?ジュンイク。」

曹操は後部座席から助手席のジュンイクに話しかけた。

ジュンイク「ええ、見事な演技でした。これで殿は非難される事なく、さらに勇気ある武将として連合軍を脱退できました。」

曹操「袁紹にはビックリしたがな。あいつもあいつなりに連合軍の事を考えているのだろう…。」


曹操「ところで、我が軍の負傷者は?」

ジュンイク「軽傷14人、重傷3人です。殿も含めると。」

曹操「…ふむ、なかなか被害は最小に押さえられたな。」


夏侯惇「お前らしくもない、何をしていた?」


曹操「つい、欲が出て徐栄を討ち取ろうとしてしまった。」

夏侯惇「けっ、大将がそれじゃやってられんぜ。」

ジュンイク「まあまあ、とりあえず作戦はうまくいきました。後はさらに人材を集め、軍を強くしないとなりません。」


その瞬間、車の遥か後方で大爆発が起こった。


どおおおおおおおん!!

夏侯惇「な、何だ!?あれは!!」



それは破滅への音だった。