※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『迷探偵董白の事件簿』
第2話
「く、悔しくなんかないんだからねっ!」

呉国…
ソマ策宅…

董白
「はぁ…、また遅刻だわ!何回誘えば気が済むのかしら、あのオヤジ…。全く…失礼しちゃうわ!
『き…今日はブレザーなんだねぇ…、コスプレかい?ハァハァ…』
ですって!私は学生よ!子供でも無いけど年増でも無いのよ!」

(前話のこと…まだ引きずってたんだね…)

刑事1
「…ではご主人が倒れた時、貴女は入浴中だったと…?」

大喬
「は、はい…。脱衣所の辺りで物音がしたので、急いで出てみると主人が…主人が…!」

董白
「(いつも通りやってるわね…。あ…べ、別にいつも遅刻してるワケじゃないのよ!)」


(一体…誰に説明を?)



李儒警部補
「ん?おぉ!董白殿!今日は出てこられるのがお早いですな!」

李儒がいち早く董白に気付き、会釈をする…

董白
「そ、そう?ちょっと靴の底を厚めにしてみたのよ!これで私も立派な『レディ』でしょ!?」

李儒警部補
「…根本的な解決にはなってないような…?あぁ…!そんな顔をなさらずに!」

董白
「むぅ~、それでガイシャはどこなの?」

董白
「(ちなみに「ガイシャ」って言うのは被害者のことよ。覚えておきなさい…)」
李儒警部補
「こちらです…ってドコに向かって話しておられるのですか?」

董白
「し、親切でやってるのよ!」

李儒警部補
「?」

と、やりとりしつつ現場へ移動…


董白
「…へぇ、この人がガイシャね…中々二枚目だわ…」
李儒警部補
「ガイシャの名前は[ソマ策]さん…年は25…、同居者は奥さんの大喬さん一人です」

董白
「ソマ策さん…変な名前ね…」

李儒警部補
「仕方ないですよ…。作者のボキャブラリー不足が問題ですから…」

董白
「…?。何ワケのわからないこと言ってるのよ…。ん?床に何か書いてあるわね…。血で書かれてるわ…!ダイイングメッセージよ!」

ソマ策は鼻血を流している…
董白はソマ策のダイイングメッセージを見つけた!

李儒警部補
「おお!これは気付きませんでしたな…」

董白
「気付きなさいよ!あからさまでしょ!…で、なんて書いてあるのかしら…。と、とよ…にゅ…」

李儒警部補
「『豊乳』ですな!!」

李儒、何故か熱く語る…

董白
「…そう!それが言いたかったのよ!って、誰の胸が小さいですって!?」

李儒警部補
「ひぇぇ…、小さいなんて一言も…って、意味わかってらっしゃるじゃないですかぁ!それに…ねぇ…?」

董白と大喬を交互に見比べつつ、男性刑事らに合図を送る李儒…
『グッ!』と親指を立て、うなずく刑事たち…

董白
「じぃ~…」

大喬
「あの…何か…?」

董白(へにゃー)、大喬(バンッ!)

(何スか?この効果音…)

董白
「…うぅ…。お、お爺さまぁ~!うわーん!」

董白、泣きじゃくりながら撤退…

なお、男共は事の真相が即座に解り、無事事件は解決しましたとさ…

第2話・完


董白
「これで勝ったと思うなよ~(よー、ょー……)」