BlackSheep-LSL@Wiki llRot2Left
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llRot2Left

vector llRot2Left(rotation q)

あるオブジェクトの回転がqである時、オブジェクトの左方向(ローカルY軸)の向きを得る。
戻り値のvectorは長さが1の単位ベクトルである。

例えば、アタッチメントにおいて、アバターの左側面がどちらを向いているのかを判断するのに使える。
default {
  touch_start(integer detected){
    vector axis = llRot2Left(llGetRot());
    llOwnerSay("Avatar's Y-axis direction is " + (string)axis);
  }
}

同様に、正面方向(ローカルX軸)の向きを得るにはllRot2Fwd関数、
上方向(ローカルZ軸)の向きを得るにはllRot2Up関数を使う。

名前:
コメント: