BlackSheep-LSL@Wiki llMinEventDelay
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llMinEventDelay

llMinEventDelay(float delay)

イベント発生の間隔をdelay秒にする。
と言ってもイベント発生の間隔を早くするのには限界である(0.05秒間隔が最速)。
この関数は主にイベント発生の間隔を遅くするために使われる。

例えば、touch?イベントはアバターがオブジェクトにタッチしている間(マウスキーをホールドしている間)、繰り返し発生するイベントである。
デフォルトでは、touch?イベントの繰り返し間隔は約0.1秒。
llMinEventDelay関数を使って、イベント発生間隔を1秒にしたとすると、オブジェクトにタッチしている間、1秒ごとにイベントが発生するようになる。
これを応用すると何か使えそうな・・・気になる。

lslWikiを読む限り、イベントによって最低間隔が違ったりするようなのだが、実際に試していないので割愛しておく。


名前:
コメント: