BlackSheep-LSL@Wiki llMessageLinked
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llMessageLinked

llMessageLinked(integer linknum, integer num, string str, key id)

リンクオブジェクトにおいてprim間メッセージを送信する。
引数linknumは送信先primのリンクナンバーである。
num、str、idの引数には任意のデータを指定することができる。

リンクメッセージが受信されるとlink_message?イベントが起こる。
link_message?イベントの引数には、llMessageLinked関数によって送信されたnum、str、idの各引数が渡される。
つまり、
1, "test", NULL_KEY
という3つのデータを送信すれば、
1, "test", NULL_KEY
という3つの値がlink_message?イベントの引数に渡って来る。

この関数の利用方法については、prim間通信(スクリプト初級第十五回)及びHUDを作ろう(スクリプト初級第十六回)あたりの記事を参照のこと。
有用な利用方法としてモジュール化も挙げられる。

送信先を指定する引数linknumにはリンクナンバーを直接指定する他、以下の定数が使える。

定数 意味
LINK_ROOT 1 ルートプリムに送信
LINK_SET -1 全プリムに送信
LINK_ALL_OTHERS -2 自分以外の全プリムに送信
LINK_ALL_CHILDREN -3 全子プリムに送信
LINK_THIS -4 自分自身に送信


名前:
コメント: