BlackSheep-LSL@Wiki llMD5String
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llMD5String

string llMD5String(string src, integer nonce)

文字列srcをMD5(Message Digest Algorithm 5)でハッシュ値に変換する。
MD5とはハッシュ値を作成するためのある処理方式の名前。
しばしば、ダウンロードデータ等が改ざんされて無いかどうかを判定するために使われる。
詳しいことをここで説明するのは少々筋違いなので興味のある方は調べてみて下さい。

あくまでも関数の機能として述べるなら、llMD5String関数は文字列srcを"2cfa746974210d68e96ee620bf842fb6"のようなデータ(ハッシュ値)に変換する。
変換後のデータ(ハッシュ値)から元の文字列を求めることは出来ない。

名前:
コメント: