BlackSheep-LSL@Wiki llLoopSoundSlave
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llLoopSoundSlave

llLoopSoundSlave(string sound, float volume)

llLoopSound関数と同様、引数soundで指定した名前またはUUIDのサウンドを音量volumeでループ再生するが、同期再生に対応する点が異なる。

同期再生とは、異なる複数のサウンドを同一タイミングで再生するための仕組みである。
再生のタイミングのベースとなるサウンドを「マスター」と言い、マスターのタイミングに合わせて鳴るサウンドを「スレーブ」と言う。
このllLoopSoundSlave関数を使って再生したサウンドは「スレーブ」となる。

つまり、この関数で再生したサウンドは「マスターサウンド」のループと同期する。
マスターサウンドがループの先頭に戻ったタイミングで、同時に再生が行われる。

名前:
コメント: