BlackSheep-LSL@Wiki llGiveInventory
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llGiveInventory

llGiveInventory(key destination, string inventory)

オブジェクトのコンテンツから引数destinationに指定したUUIDの対象にアイテムinventoryを渡す。
渡す先のUUIDには、アバターまたはオブジェクトを指定できるが、オブジェクトに対してモノを渡す場合には、同一SIM内にあるオブジェクトでなければならない。
アバターに渡す場合は、どこにいようと結構です。オフラインでも結構です。

権限さえ問題なければ、基本的には何でもかんでも渡すことが可能。
オブジェクトに渡すときには、渡す先がllAllowInventoryDrop(TRUE)になっているとか、mod権限持っているとかすれば良い。
ただしスクリプトを渡しても、勝手にスクリプトが実行されることはない。
渡したあとでスクリプトを動かしたい場合は、llRemoteLoadScriptPin関数を使う。

具体的な使い方は以下の記事を参照のこと。

お金を扱う(初級スクリプト第十一回)
ノートを使おう(初級スクリプト第十二回)

名前:
コメント: