BlackSheep-LSL@Wiki llGetTimeOfDay
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llGetTimeOfDay

float llGetTimeOfDay()

SIMがリブートされてからの秒数、もしくはSIMの真夜中(太陽が真裏を通過した瞬間)からの経過秒数を返す。
通常、SIMの太陽は4時間周期で一周するため、llGetTimeOfDay関数の戻り値は14,400を越えることはない。
ただし、SIMによっては太陽を固定している場合がある。
太陽が固定されている場合、SIMの真夜中の概念が消失するため、llGetTimeOfDay関数の戻り値はリセットされない(SIMがリブートされない限り、どんどん増加していく)。

リブートされてからの時間か、または真夜中からの時間のどちらか一方に統一してくれれば使いやすいのだが・・・どちらの秒数が返るかはSIMのリブート状況次第であるので、イマイチ使いにくい関数である。

名前:
コメント: