BlackSheep-LSL@Wiki llGetColor
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llGetColor

vector llGetColor(integer face)

指定した面の色を得る。
faceにはprimの面を示す整数値を指定するが、例えばキューブタイプのprimであれば各面の値は以下のようになっている。
  • 通常時
faceの値
上面 0
-Y方向の面 1
+X方向の面 2
+Y方向の面 3
-X方向の面 4
下面 5

  • Hollow(くり抜き)の場合
faceの値
上面 0
-Y方向の面 1
+X方向の面 2
+Y方向の面 3
-X方向の面 4
hollow内部 5
下面 6

  • パスカットの場合
faceの値
上面 0
-Y方向の面 1
+X方向の面 2
+Y方向の面 3
-X方向の面 4
下面 5
パスカット開始面 6
パスカット終了面 7

  • くり抜いてパスカットしちゃったりした場合
faceの値
上面 0
-Y方向の面 1
+X方向の面 2
+Y方向の面 3
-X方向の面 4
hollow内部 5
下面 6
パスカット開始面 7
パスカット終了面 8

パスカットの結果、特定の面が消失したような場合は値が繰り上がるので注意。
例えばパスカットして-X方向の面が完全に削れてしまっているような場合は、パスカット開始面が5、終了面が6になる。

faceに定数ALL_SIDESを指定すると、primの全面の平均色を返す。

戻り値のvectorは色を表すRGB値である。
各値の範囲は0.0~1.0となっている。
お馴染みの0~255の範囲に置き換えたい場合は単純に、* 255すれば良い。

なおこの関数とは逆に、色をセットしたい場合はllSetColorllSetPrimitiveParams?を使う。

名前:
コメント: