BlackSheep-LSL@Wiki llDumpList2String
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

llDumpList2String

string llDumpList2String(list src, string separator)

リストsrcの要素をseparatorを区切りとして文字列に変換したものを返す。

例えばリスト[1,2,3,4,5,6]について、"-"を区切り文字として指定すると、
 llDumpList2String([1,2,3,4,5,6],"-") → "1-2-3-4-5-6"

区切り文字を","にするといわゆるCSV形式の文字列となる。
 llDumpList2String([1,2,3,4,5,6],",") → "1,2,3,4,5,6"
CSV形式にするにはllList2CSV関数を使っても同様の結果を得ることができる。

llDumpList2Stringとは逆に、特定の区切り文字が使用されている文字列をリスト型に変換するには、llParseString2List関数を使用する。