ミニ四駆ジャパンカップ2018 東京大会EX



参加メンバー

  • こむお(記)


場所

メガウェブ


ルール

  • オープンクラス 一次予選->二次予選->準決勝->優勝決定戦


コース

クラシックサーキット2018


結果

名前 結果 マシン
こむお オープン 準優勝
キュベレイ


こむおの感想

スタッフ、レーサーの皆様お疲れ様でした。

力を出し切りましたが、無念の準優勝に終わりました(涙


■1次予選
MDP3番手、超速、23.0mm、1.35V。

前回大会と同じく芝をほぼ飛び越える走りを狙います。

イメージどおりの切れのある走りで1位フィニッシュ。
タイムは25.2s。

よし!
いい感じ!

■2次予選
MDPを2番手に換装。
電圧、タイヤ径は一次予選と変わらず。

さらに上のタイムを狙います。

25.0sで勝ち上がり。

おっし!
手応えある。

■準決勝
MDPを1番手に。
電圧も1.36Vと少し高めに。

がんばれキュベレイ!
勝利を祈りつつレーススタート!

けっこう限界走行なのに、2番手、3番手も追走してくる。
まじか、さすがに準決勝。

相手も半端ないな。

と思いつつも、じりじりと差を拡げ最後はストレート2枚程度の差をつけてゴール!

タイムは24.7s。

優勝決定戦へ。

■優勝決定戦
ここまできたらマシンを信じるしかない。
キュベレイ、お前ならいける!とマシンを鼓舞。

アルカリでどこまで回るかはわからないけど、25秒前半では走れるはず。

チャンピオンズの優勝決定戦がおわり、いよいよのオープンの優勝決定戦。

頑張れキュベレイ!
お前なら勝てる!

ついにレーススタート!

1周目で芝を飛び越える。
よし!

でも2台に先行されて3位。
その2台が異常に速い。

まじか。

この2台、半端ない。

3周目、4周目と追いつけない。

5周目もおいつけず。。。

最後のDBで2台のうち1台がCOしたため、2位フィニッシュ。

タイムは25.3s。
優勝は24.7s。

まじで速い。
パンチのない銀色アルカリでその走りはマジでやばい。

完敗です。

他の大会だったらなぁという思いが頭をよぎるけど、他の大会でそこまでいけなかったのも自分の実力不足。

というわけで、一歩及ばず、チャンピオン返り咲きならず。

■まとめ
久しぶりにアドレナリンでまくりのレースができました。
楽しかったです。

このジャパンカップを振り返ると、
やったことないピボットを強要されて最初は悶絶しましたが、
最終的には、走行ライン、飛行ラインをコントロールできるまでに成長できました。

最後、モーターが少し足りず負けてしまいましたが、実力は出し切ったと思っています。

相手が見事でした。


今年もワーチャレに参加したい!と思って頑張ってきました。
気付けば、残るはウインターのみ!

ラストチャンス、諦めず頑張りたいと思います!











|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|