2016年5月28日 ミニ四駆GP2016 SPRING 東京大会2


参加メンバー

  • こむお(記)


場所

品川シーサイドフォレスト オーバルガーデン


ルール

  • オープンクラス 一次予選->二次予選->準々決勝->準決勝->優勝決定戦
オープンクラス、ジュニアクラス、ファミリークラス、チャンピオンズクラスの開催。

参加者は3200名程度。オープンは2600名程度。


コース

STEPサーキット2016 3面設置


結果

名前 結果 写真
こむお チャンピオンズ 準優勝
キュベレイ


こむおの感想

レーサーの皆さん、タミヤスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

今回からオープンクラスは事前エントリー制(定員オーバーの場合は抽選)が導入されました。

大会前は、重複エントリーなどが指摘され、会場はがらがらになるのではとの予想もありましたが、
ふたを開けてみれば3200人と、それなりに集まっており、抽選も致し方ないのかなぁという印象を受けました。

ただ、定員の3800名まで、残り600名分、改善の余地があると思うので、今後のタミヤさんの対応に
期待したいところです。

そんな中、今回はチームメンバーのだるは出張でインドへ、かつまるは転職して名古屋へ、
トミーは上記の抽選にはずれる、ということで、ソロでの参戦となりました。

ソロとはいえ、ぐっさん、けんさん、ボブさん達とピットをご一緒させて頂き、寂しい思いをせず
楽しい時間を過ごすことができました( ̄∇ ̄)
ありがとうございましたm(_ _)m


さて、今回のレース結果ですが、上記のとおり、チャンピオンズ2戦目で準優勝という、自分にとっては快挙を成し遂げましたので、ご機嫌に振り返りたいと思います!


■練習1回目
今回から愛機キュベレイのタイヤ径は23mmです。

よくよく考えてみたら、何で25.8mmだったんだろうと。
ここ1年ぐらい超速積んでないし(速度余ってるし)、ジャパンカップも芝ないし、
径を小さくして、重心下げた方が良いんじゃね、というシンプルな発想で23mmにしました。


ぐっさんにビデオ撮影をお願いし、レースへ。
ちなみにチャンピオンズは全てAコースです。

そしてスタート2秒で45度バンクでセミになりました!!!
チャ、チャンピオンズなのに、恥ずかしすぎる!!( ̄∇ ̄;)

インドのだるから、LINEで「メルマガの読者減ったなwww」とか言われる始末。

いや、あれなんですよ、タイヤ径変えたらバンパーも変えなきゃいけないじゃないですか。
その際にこれまでの構造とかなり変えて、シンプルにフロントブレーキが効く構造にしたんですよ。
そしたら、驚くほど効いちゃって、、

はい。
そうです。言い訳です。

オープンだったら、10時30分にチェックアウトしてますね。
チャンピオンズで良かったです。


思考を一気に切り替えました。

「このまま終わったら恥ずいけど、ここから這い上がって結果出したら、帳消しや!」

■練習2回目
ブレーキを大幅に弱める。

想像通りのキレのある走りで、一緒に走ったチャンピオンズさんたちをリードする。
5周目の黄色レーンのアイガー上りでCOするも、これは想定の範囲内。
準々決勝に向けて、その微修正を行う。

⇒この辺りの詳細はメルマガに書いてますので、ご興味のある方は是非どうぞ!初月無料でございます!
ミニ四駆チャンピオンズ「チームはいれぐ こむお」の限られた時間で挑むミニ四駆頂点

■準々決勝
設定変更がはまる。

キレッキレッの走りで勝ち上がり。
初めてチャンピオンズで攻めて勝てた!

■準決勝
これも攻めたキレのある走りで勝ち上がり。

ま、まじか。

優勝決定戦まで来れてしまった。

しかも自分のマシンはアルカリでもあんまり落ちないはず。(このときはそう思っていた)
もしや、優勝?!(*´Д`*)ぷくく

とか思ってましたorz

■優勝決定戦
勝ち上がった3名でレース。
表彰台確定です。
チャンピオンズ2戦目で表彰台という事実に、この時点で満足感たっぷり。(闘争心がまるでないダメメンタル)

そしてレーススタート!

結果!!!


32.5sという、準々決勝、準決勝と比べて、変わり果てたどん亀走行で完敗orz

あふっ、なんじゃこりゃ。

優勝された方は30.7sというキレた走りでとてもかっこよかったです。
おめでとうございます。

もう一方はマシントラブルで途中でリタイアされたので、自分は準優勝となりました。

■まとめ
チャンピオンズ2戦目ということで、チャンピオンズの戦い方にも慣れ、この前の初戦のように浮き足立つことなく、自分の力をしっかり出し切って、勝負することができたと思います。

周りを見たらえげつない人ばっかりなので、人を見ずにコースと勝負しに行ったのが良かったのかも知れません。

チャンピオンズでもやっていけそうだと自信を深めることができました。

ただ、アルカリでの大幅減速はまったくいただけないので、この原因分析はしっかりしたいと思います。


さて、次はいよいよジャパンカップ!

しっかり準備して臨もうと思います!

トミーも次回の東京は抽選にあたったとのことで、二人で臨めそうです!!楽しみだ!




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|