2014年1月26日 ミニ四駆GP2014 NEW YEAR 東京大会


参加メンバー

  • こむお(記)
  • かつまる


場所

品川シーサイドフォレスト オーバルガーデン


ルール

  • オープンクラス 一次予選->二次予選->準々決勝->準決勝->優勝決定戦
オープンクラス、ジュニアクラス、ファミリークラス、チャンピオンズクラスの開催。

参加者は1700名。オープンは1400名程度。


コース

スーパーギャロップサーキット2014
(C)タミヤさん


結果

名前 結果 写真
こむお 4位
準々決勝進出

左:準優勝のチームSMTエルマーさん、右:4位のこむおマシン(キュベレイ)
かつまる 一次予選敗退


こむおの感想

寒さ、強風の中、レーサーの皆さん、タミヤスタッフの皆さん、お疲れ様でした。
本当に疲れました。。。


■0次予選
10時50分ごろに行って1250番、1700番までまだまだ余裕だなと思っていたら、
11時過ぎごろに来たひとたちがエントリー不可だったとのこと。
オープンは1400弱で打ち切りとなったようでした。
その他のクラスの参加者が多かったということでしょうか。

周りに出れなかったひとが多かったので、しょうがないのかなぁと思いつつも少し残念でした。
ユーザを大切にしてくれるタミヤさんなので、全体最適を考えながら良い方向に持っていってくれると思っています。

■1次予選
正月明けからこつこつと作りこんだキュベレイ
ダブルターフにこぶが設置されるということで、フロントにスキッドに!
ということは、立体LCに4ローラーで挑むことになります。
吉と出るか凶と出るか。吉と出ますよーに!

まわらないHDPに超速で、レースへ。

まったく危なげない走りでタス紙ゲット。
で、タイムも平凡かと思いきや39.5!
しかも4コーススタート。
つまり、2周目の一番スピード乗った状態でLCをむかえる、
その状況でべたべたにクリアしてるので、どのコーススタートでも大丈夫。

もう今日はこれでいいや。

11時前にエントリーして初回レースが3時間後の2時。
寒さと強風で、なんかこう、ね、工夫してもうちょいタイムあげよう、
という気力がもうない。

■2次予選
まったく同じ設定。
タイムも変わらず39.6で薄紙ゲット。

うん、順調。

■準々決勝
電池交換のない準決勝を考えて、少し電圧をあげる。
一周目の最終DBで他マシンにまきこまれてCO。
スタート位置からちょうどよく見えるところで、
スターターのタケちゃんに「(タケちゃん見てた!?)巻き込まれたから再レース!」と伝えたら、
タケちゃんも見てくれていたようで「うん。電池かえる?」との返事。
ちゃんと見てくれててありがたい。

電池を換えるのも面倒(気力不足)だったので、そのまま再レースへ。

再レースは39.9で緑タスキ!

■準決勝
待ち時間はマシンはまったくいじれないので、お守りを握り締める。
優勝決定戦に行きたいという強い思い。
なんせはいれぐは去年一年間優勝決定戦に行けてない。
優勝決定戦に行きたいです。カミサマ。僕にラッキーをください。

第1レースでピットを隣にしていたSMTのエルマーさんが優勝決定戦へ!
ぼ、僕も続きたいですカミサマ。

第3レース、自分の番。
レーススタート!
2周目あたりまでトップを2台で並走するも、競っていた1台がこぶ芝でCO。
キュベレイはスキッドのおかげかこぶ芝はまったく平気。

ということでチェッカー!
タイムは40.1。

ここまで終始安定の走りで、ついに1年半ぶりの優勝決定戦へ。
カミサマありがとー!

■優勝決定戦
VSが2台、S2が1台、MSが2台でした。

ちなみに、チャンピオンズ、オープンの優勝決定戦進出マシンのいずれも
フロントスキッドはついていなかったので、
戦略として、強豪さんと違う方向を向いていることは確かなようですw
この先含めて大丈夫か?w

チャンピオンズ、ジュニアの優勝決定戦の後、ついにオープンの優勝決定戦!

で、気付いた。
上着を脱いではいれぐTシャツを見せないと、あとで本日欠場の
トミーさんに怒られるんじゃないかと。
でも寒い。

結局、覚悟を決めて、上着脱いで、ヒートテック+はいれぐTシャツに。
あ、寒い。我慢できない。
ということで+マフラー。

はいれぐTシャツにマフラー。

ちょっとした変体ルックです。

そしてレーススタート!

3台が飛び出す!キュベレイは置いてけぼりw
これはまずいw
優勝争いに絡みたいのにまったく絡めないw

終始4位を走り、あっという間にファイナルラップ(負けてると早いw)。
トップはエルマーさんともう1台でデッドヒート!
がんばれエルマーさん!
オレは4位頑張ってる涙

3位のマシンはと、見ると、お、追いつきかけてる!!
こぶ芝の辺りで3位のマシンを1枚差まで捕らえる。

会場の全員が優勝争いに注目する中、誰よりも3位争いに注目してたと思うw
4位と表彰台じゃ全然違うし、はいれぐの今年の目標も達成できるし、
3位になりたい!!
コーナー2つ残して、キュベレイがイン。
これは指した!とおもったのに指せずにストレート半枚差で4位。4位て!
スラストいれまくってコーナー遅くなる設定にしてたけど、
そこまで遅くしたつもりはなかった。。。
やりすぎた感がある。

で、タイムはというと42.0。
アルカリで遅くなりすぎorz
何があった!?
ネオチャンプの電圧が少し高かったのかな。
ちょっとこれは原因を分析せねばならない。

エルマーさんは惜しくも準優勝。
でも熱いレースでした!

■まとめ
今回、キュベレイのポイントとしては、独自開発のMSヒクオさんで重心低く、
スキッドでこぶ芝対策、コーナー遅くして安定走行という戦略で、
前2つは問題なく狙い通りだったと思います。
3番はやりすぎた感あり。

そして、当日は寒さもあり、思考停止してましたが、
優勝するためには、勝ちに貪欲に、もう一工夫する面倒を嫌ってはいけない、と思いました。

4位という結果は上を見ると残念ですが、
はいれぐとして1年半ぶりに優勝決定戦にいけたことに、ひとまず満足しています。
チャンピオンズが抜けて、勝ちやすくなっていることは間違いないですが、
それでもはいれぐの現状レベルを考えると優勝決定戦進出は難度の高い課題です。

今回の結果で私自身はさらに上の結果を目指したいですし、
チームメンバーの奮起につながればとも思います。

挑戦するから壁にぶつかれると、この前のMステでファンキーかとうさんが言ってました。
その通りだと思います。

頑張ります。





|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|