AA:MPサーバーの建て方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メダル オブ オナー アライドアサルト - Medal of Honor: Allied Assault

マルチプレイ サーバーの建て方

1.11v9からはCD不要でサーバーを建てることができる。
サーバー機は別にノートPCでもいいが、一応それなりにスペックは必要である。

1 - ポート開放

マニュアルにも書いてあるが、TCPポート:12203とUDPポート:12203を開放する必要がある。
しかし、TCPポート:12300とUDPポート:12300も開放しなければASEからは見えない模様。
ポート開放の方法については使っているルータによって違うのでここでは述べない。

2 - 必要なファイル

MOHAAがインストールされているフォルダの main のフォルダにある ffa.cfg、 team.cfg、round.cfg、object.cfg の4つ。
それぞれフリー・フォー・オール、チーム・デスマッチ、ラウンドベースマッチ、オブジェクティブマッチのサーバー側設定ファイルである。

デフォルトでは
C:\Program Files\EA GAMES\Medal of Honor Allied Assault\main
にある。
もし上記のファイルが無い場合はこちらをダウンロード、解凍する。(Thanks for Nao MJ30s)

3 - サーバー設定

cfgファイルをワードパッドなどで開くと設定が書いてある。
内容は以下の通り(*** に入力)。
なお、文章を入力する際は半角英数字と半角記号が望ましい(文字化けを起こしたり正常に動作しない場合がある)

  • General Server Info Settigns
seta sv_hostname "***" サーバー名。
sets Admin "***" 変更しなくていい
sets Email "***" メールアドレス。入力しなくてもいい。
sets Location "***" 国。入力しなくてもいい。
seta g_motd "***" プレイヤー宛のメッセージ。入力しなくてもいい
sets URL "***" サイトのURL。入力しなくてもいい
sets Connection "***"
sets username "***" 変更しなくていい
  • Map rotation
seta sv_maplist "***" 巡回マップ。半角スペースで区切ると複数指定できる
set fraglimit *** 殺傷数がいくつで次のマップに変わるか。***には数字を入力
|set timelimit *** |何分経てば次のマップに切り替えるか。***には数字を入力(分単位)

  • Server Network Settings
seta sv_privatePassword "***" 下の設定を使うためのパスワード
seta sv_privateClients *** 通常スロットとは別に身内のみに知らせる場合使用。通常は1でいい(自分のみ)
seta sv_maxclients *** サーバーに入れるプレイヤーの最大数
seta rconpassword "***" 別のPCから鯖管と同じ役割を果たすために必要なPass
seta sv_fps *** FPS表示。0-3まで有効。0で非表示。自分のみ?
seta sv_timeout *** 何秒操作しないと鯖から蹴るかの設定
seta sv_pure *** MODなどを入れた状態でサーバーに入れるか(0 入れる / 1 入れない)
seta sv_gamespy *** このサーバーをgamespyの検索で引っかかるようにするか(0 しない / 1 する)
seta sv_allowdownload *** MODのダウンロード?
seta sv_maxrate ***
seta sv_floodProtect *** ?(1 あり / 2 なし)
seta sv_minping *** Pingでプレイヤーを制限するときの下限値(***は数字)。設定しなくていい
seta sv_maxping *** Pingでプレイヤーを制限するときの上限値(***は数字)。150位が適正か
seta sv_precache *** ?(1 あり / 2 なし)
set sv_floodProtect *** ?(1 あり / 2 なし)
set sv_flood_persecond ***
net_noipx *** 変更しなくていい

  • Master Server Settings - Redudant for normal operation
seta sv_master1 "***"
seta sv_master2 "***"
seta sv_master3 "***"
seta sv_master4 "***"

  • Generic map settings
seta g_allowvote *** ?(0 なし / 1 あり)
seta g_gametype *** ゲームの種類。(1 FFA / 2 TDM / 3 ラウンドベースマッチ / 4 オブジェ)
seta g_teamdamage *** 味方を攻撃したときにダメージを与えるか(0:与えない / 1:与える)
seta g_teamForceBalance *** チームを自動で振り分けるか(0 振り分けない / 1 振り分ける)
  • Start with the map rotation
map *** 巡回マップで最初に始めるマップ名

4 - サーバー起動用ショートカット

MOHAAがインストールされているフォルダにある MOHAA_server.exe のショートカットをデスクトップに作り、作ったショートカットのプロパティを開いて、「リンク先(T)」のところを以下のように変更する。

  • フリー フォー オールの場合
"~インストールされているフォルダ~Medal of Honor Allied Assault\MOHAA_server.exe" +set dedicated 1 +set ui_console 1 +exec ffa.cfg
  • チーム デスマッチの場合
"~インストールされているフォルダのアドレス~Medal of Honor Allied Assault\MOHAA_server.exe" +set dedicated 1 +set ui_console 1 +exec team.cfg
  • ラウンドベースマッチの場合
"~インストールされているフォルダのアドレス~Medal of Honor Allied Assault\MOHAA_server.exe" +set dedicated 1 +set ui_console 1 +exec round.cfg
  • オブジェクティブマッチの場合
"~インストールされているフォルダのアドレス~Medal of Honor Allied Assault\MOHAA_server.exe" +set dedicated 1 +set ui_console 1 +exec object.cfg

5 - サーバーの操作

作ったショートカットで起動するとコンソールが表示される。
また、特定のコンソールを入力してEnterキーを押すことでサーバーを操作することができる。
以下には代表的なコンソールを紹介する。

コンソール 効果
map *** 現在のマップを変更する。***にはマップ名が入る(例:map dm/mohdm1)。
exec ***.cfg 該当のcfgファイルを読み込んでサーバーを再起動する。***には任意のファイル名(例えばffa、team、round、object)が入る
sv_gravity *** 重力を変更する。***には数値を入力。標準は800
sv_walkspeed *** プレイヤーの歩く速度を変更する。***には数値を入力。デフォルトは150
sv_runspeed *** プレイヤーの走る速度を変更する。***には数値を入力。デフォルトは250
status 画面に現在サーバーに入っているプレイヤーのナンバー、名前、IPアドレスを表示する
clientkick *** 該当のプレイヤーをサーバーからKickする。***にはstatusで表示されるプレイヤーナンバーが入る

マルチプレイ サーバーの建て方 For Linux

覚え書き程度に。鵜呑みにしないでください。
詳しい方の編集待ってます。

1 - 必要なもの

1.Linux機
2.Linux用のバイナリファイル。「mohaa_lnxded_1.11.tar.gz」を使用
3.Windows機にインストールした各種ファイル
4.CFGファイル
(5.電気代)

2 - やり方

はじめに、Afro House JAPANさんを参考にさせてもらいました。ありがとうございました


Windows同様、TCP, UDPポート12203と12300を開ける
Linux機、Windows機どちらでもいいが、mohaa_lnxded_1.11.tar.gzを落としてきて解凍。Winでやった場合はLinuxに移動させる。
ファイル「fgameded.so」と「mohaa_lnxded」があるのを確認。
任意のディレクトリ(例えば/usr/local/games/moh/とか/usr/local/moh/とか。)を作成。この例ではmohとする。
上記二つのファイルを作ったディレクトリに移動。
「moh」の中に「main」ディレクトリを作成。
mainディレクトリの中にPakやDllやCfgをファイル一覧を参考にしつつ入れる。
コマンドライン上で「moh」まで移動したら「./mohaa_lnxded start」とタイプ。
するとサーバが立ち上がるのであとは「exec obj.cfg」なりをしてCFGファイルをよみこませる。

参考 - 必要と思われるファイル一覧

日本語版です。英語版だとPak6.pk3までかな(=Pak7ajpn.pk3は必要なし?)。

Pak0.pk3
Pak1.pk3
Pak2.pk3
Pak3.pk3
Pak4.pk3
Pak5.pk3
pak5fix.pk3
pak6ajpn.pk3
pak6ajpn1.pk3
pak6bjpn.pk3
pak6cjpn.pk3
pak7ajpn.pk3
pak7ajpn1.pk3
pak7bjpn.pk3
pak7bjpn1.pk3
cgamex86.dll
ffx86.dll
gamex86.dll
obj.cfg
添付ファイル