RS:登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メダル オブ オナー ライジングサン - Medal of Honor: Rising Sun

シングルプレイ 登場人物


メイン

ジョセフ・D・グリフィン(Joseph D. Griffin)

声優: なし
主人公。アメリカ海兵隊所属。階級は伍長、後に三等軍曹。ペンシルベニア州マザー出身。一つ下の弟にドニー、妹にメアリーがいる。通称ジョー(Joe)。父親は第一次世界大戦に従軍していた。
学生時代はトップアスリートとして活躍し、高校卒業後にアメリカ海兵隊へ入隊する。ゲーム開始時の1941年では入隊7年目。
誰にでも好かれる人柄で、配属された部隊ではすぐに人気者になる。
上官達はチームワークをそつなくこなし、どんな任務でも快く引き受ける彼に単独任務を与えようと考えており、大きな期待を寄せられている。
好きな女性(モデル?)はマデリン・メイ(Madeleine May)らしいが彼女の詳細は不明。

ドニー・グリフィン(Donnie Griffin)

声優: アンドレ・ソグリウゾ(André Sogliuzzo)
ジョーの一つ下の弟。アメリカ海兵隊所属。階級は一等兵。
地元では「ジョーの弟」として知られており、彼はジョーのことを誇りに思っていたがジョーの姿により自らの力を発揮できずにいた。
しかし13歳のときに近所の家で家事が起きた際に、裏口を蹴り壊して中に取り残された2人の子供を救出したという出来事以降「ジョーの弟」と呼ばれることはなくなった。
ウェインズバーグセントラル高校(Waynesburg Central High School)2年時はフットボールのレシーバーとして活躍しオールリーグチームに指名され、3年時はクォーターバックとして2年連続の州タイトルを獲得した。
これらには相当自身を持っており、最も優れたフットボール選手は誰かと彼に尋ねると自らの高校時代の記録を挙げるほど。
戦争に憧れており、先に軍に入隊していたジョーから何度も考え直すように説得されるが最終的にジョーを追ってアメリカ海兵隊へ入隊する。
実家の裏庭のニレの木にある小屋に何かの雑誌を隠していたが小屋は1943年に起きた嵐で木ごと倒壊し中身は母親にすべて捨てられる。
音痴である模様。

ジャック・ロートン(Jack "Gunny" Lauton)

声優: デイル・ダイ(Dale Dye)
ジョーの上官。アメリカ海兵隊所属。階級は一等軍曹。日本語版では砲撃手軍曹と訳されている(Gunnery Sergeantの直訳)。52歳。通称ガニー(Gunny)。
軍には20年在籍する古参兵でピッツバーグの製鋼工場を辞めて入隊した。
パープルハーツ勲章を2度受章しており、左腕に入れ墨をしている。
第一次世界大戦時はヨーロッパにおり、戦火から脱出したという経歴を持つ。
部下に対しては厳しく接するが部下からは少なくとも尊敬はされている。
後にジョーをOSSのフロイドに紹介し入隊のきっかけを作る。
愛用武器はショットガン。

エドモンド・ハリソン(Edmund Harrison)

声優: ロバート・ゲイラー(Robert Gaylor)
「Boom Boom」の異名を持つ工兵。アメリカ海兵隊所属。階級は少尉か中尉だが日本語版では誤訳で大尉となっている。
おそらく海軍で大尉を表す「Lieutenant」と混同したと思われる(海兵隊での大尉は「Captain」。しかし説明書には「Lieutenant」しか書かれておらず少尉(Second Lieutenant)か中尉(First Lieutenant)かは不明確)。
彼の右に出る者はいないと言われるほどの爆破のエキスパートだが、正気とは思えない訓練も平然と実践する彼に対し指揮官達は「もう少し堅実さがあれば」と思っており、彼の部下からは尊敬と畏怖が混じった眼差しで見られている。

マイケル・ポール・フロイド(Michael Paul Floyd)

声優: クリストファー・カリー(Christopher Curry)
OSS所属。階級は大佐。モンタナ州の田舎町出身。
ワシントンが戦局を好転させるために四苦八苦している間に彼はゆとりを持って東アジアとの接点を築き上げて拡大した。
作戦発案時はあらゆる事態にも対応できるよう念入りに練るが、勝利に執着し過ぎると戦局全体を見渡せなくなることがある。
ガニーからの紹介を通じてジョーをOSSにスカウトする。

フィリップ・アンドリュー・ブロムリー(Phillip Andrew Bromley)

声優: ニック・ジェイムソン(Nick Jameson)
シンガポールを拠点にして対日反抗組織を拡大しつつ破壊工作を行っている諜報員。イギリスSOE所属。
自ら提供した日本軍の侵攻情報を握り潰して対策を怠った上層部を険悪している。
彼に対して反抗的な態度を取って彼を陥れようとする者が一部にいるが、有能な指揮官からは英雄として讃えられている。

イチロー・ハリー・タナカ(Ichiro "Harry" Tanaka)

声優: ユーリ・ローエンタール(Yuri Lowenthal)
日本語版
吹き替え声優:
不明
シンガポールに日本人として潜入している諜報員。OSS所属。階級は一等兵か上等兵(後述)、日本語版では一等兵。ハワイ州ホノルル出身。
日系二世であり、日系人差別で受けた侮辱と屈辱を晴らすためにOSSへ入隊した。
日本兵に変装することもでき、パイロットとしても優秀。
人物設定では日本語を流暢に喋れることになっているが実際は 完全にカタコト
日本語版では 日本語の台詞が吹き替えで差し替えられた ため設定通りの流暢な日本語を喋る。
タナカが着用しているアメリカ軍の軍服は陸軍のものであり、設定では明らかになっていないが陸軍所属と推測される(Private First Classの意味は陸軍と海兵隊で異なり、陸軍は上等兵、海兵隊は一等兵)。

シマ・マサタカ(Masataka Shima)

声優: マコ岩松(Mako Iwamatsu)
OSSがマークしている日本軍の将校。日本海軍所属。階級は中佐。フルネームはクレジットで判明。着用している軍服は第一種軍装。
東アジアで集めた金塊をドイツ総統アドルフ・ヒトラーの側近とソ連赤軍の将軍に賄賂として渡しヒトラーとソ連最高指導者ヨシフ・スターリンを失脚させ「曇りなき将来の展望を引き継ぐ」ことを企てる。
ちなみにヒトラーの側近に当たる人物はヘルマン・ゲーリング、ヨーゼフ・ゲッベルス、カール・デーニッツ、ハインリヒ・ヒムラー、アルフレート・ローゼンベルクなど。

サブ

メアリー・グリフィン(Mary Griffin)

声優: クレア・コフィー(Claire Coffee)
ジョーの妹。ドニーに対しては「兄さん」と言わないことから彼の姉と推測される(ジョーとドニーは1歳違いのため彼女はどちらかと双子?)。「故郷からの手紙」で声のみ出演。
本国での出来事やドニーの情報を書き綴る。戦争に協力するため1941年1月からアトラス製鉄所で働き始め、1年後会計秘書に昇進する。

レイ・パリッシュ(Ray Parrish)

声優: なし
「故郷からの手紙」で語られる、負傷によりフィリピンから帰国したアメリカ海兵隊隊員。階級は伍長。
ドニーと同じ部隊に所属しており、帰国後グリフィン家に電話をし、M.I.A.(作戦行動中行方不明)となったドニーが日本軍の捕虜として連行される現場を見たという証言をする。

ジェフ(Jef)

声優: なし
2プレイヤーズキャンペーン時で2P側が操作する人物。名前はマルチプレイのBot名で判明。

フランシス・ジョパンニ・スピネッリ(Frank Giovani Spinelli)

声優: ジョン・カリー(Jon Curry)
アメリカ海兵隊所属。階級は一等兵。ニュージャージー州ニューヨーク出身。
イタリア系で家族はお喋り。相手と取っ組み合いになってでも自分の話を聞かせるほどの話好きで、自身が起こした数々の問題もその話術で逃げ切ってきた。
アメリカ海兵隊に入隊した理由は「軍服が似合うから」という自称色男。
自らを優れた兵士だと語り、実際に頭角を徐々に表しているらしいが登場機会は1ステージのみという脇役。

サイラス・アール・ウィットフィールド(Silas Earl Whitfield)

声優: アダム・ローソン (Adam Lawson)
アメリカ海兵隊所属。階級は一等兵。ケンタッキー州の田舎町出身。
1940年春に入隊して以降あらゆる射撃訓練でトップスコアを納め、狙撃兵としての素質を表にしている。
しかしそれを鼻にかけることはなくミスは黙って認める。
本人の考えは「ショットガンで75ヤード先のアライグマを仕留められるならスプリングフィールドのスコープを使って日本軍相手にその腕を試してはどうか」だが
彼が銃を持って登場する場面はない。スピネッリ同様1ステージのみ登場する脇役。
ちなみにホームシック気味らしい。

マーティン・クレメンス(Martin Clemens)

声優: グレッグ・エリス(Greg Ellis)
ガタルカナル島の現地住民で編成されるコーストウォッチャー(沿岸監視員)を率いて偵察活動をしているオーストラリア人。
ピストル・ピートへの偵察に向かったまま行方不明となった偵察部隊の居場所をジョー達に知らせる。
彼は実在人物であり、本業は行政官。


ケンドラー(Kaendler)

声優: 不明
シマの計画に関わっているドイツ軍将軍。ドイツ陸軍所属。階級は襟章を見た限りでは将官級だがゲーム内では大佐。
ジョーに気絶させられた隙に軍服を奪われたため、制帽・シャツ・パンツというみっともない姿で再登場する。
ちなみにゲーム内に登場するドイツ兵は全員ケンドラーと同じ姿であり、使用武器は何故か十四年式拳銃(普通ならルガー P08やワルサー P38など)。

セルゲイ・ボロフ(Sergey Borov / Серге́й Боро́в)

声優: なし
シマの計画に荷担しているソ連赤軍将軍。計画ではヨシフ・スターリンを失脚させた後の次期指導者となっている。
ファーストネームはマルチプレイのBot名で判明。

ラジ(Raj)

声優: シェリー・マリル(Shelley Malil)
アメリカ陸軍航空軍所属。元アメリカ義勇軍「フライング・タイガース」のパイロット。
日本陸軍の山下奉文大将が隠蔽したとされる金塊を捜すブロムリー達に協力するが偵察飛行中に撃墜され日本軍に連行される。