MOH2010:内容


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メダル オブ オナー - Medal of Honor (2010)



製品情報

PC版
PS3版
Xbox360版
タイトル名: メダル オブ オナー
(原題:Medal of Honor)
ジャンル: ファースト・パーソン・シューター(FPS)
対応機種: Windows、PS3、Xbox360
開発元: EA Danger Close(シングルプレイ)
EA Digital Illusions CE(マルチプレイ)
発売元: エレクトロニック・アーツ(Electronic Arts)
発売日: 2010年10月12日
2010年10月15日
2010年10月21日(PC DL販売版、PS3版、Xbox360版)
2010年10月26日(PCパッケージ版)
人数: 1人(オフライン)、2人~24人(オンライン)
対象年齢: CERO: D(17歳以上対象)
ESRB: M
PEGI: 18+
ゲームエンジン: Unreal Engine 3(シングルプレイ)
Frostbite Engine(マルチプレイ)
公式サイト: http://medalofhonor.jp/(日本語)
http://www.medalofhonor.com/en_US(英語)

国家指揮権限の直接指揮下であり、厳選された戦士達で構成される比較的未知のこの部隊は作戦に失敗が許されない場合に召集される。
彼らの名はTier 1 Operators。

軍服で身を包む200万人以上の兵士、水兵、パイロット、海兵隊員。
それらの内の約5万人は特殊作戦軍の指揮下となっている。
Tier 1 Operatorは航空機より高い高度であっても機能し、そして特殊作戦部隊として多数の高度な訓練を乗り越えてきた。
はっきりした数としては、分類した限り、数百人弱となる。
彼らは生きている、呼吸をしている、戦争向けの精密機械である。
彼らは暴力実行のエキスパートである。

新たなMedal of HonorはTier 1 Operatorsのエリートコミュニティーに激励されながら共に開発を行っています。
プレイヤーは彼ら戦士の靴を履き、彼らの独特なスキルを駆使して近代のアフガニスタンにおいて敵対する最も容赦なき新たな敵と戦うこととなるでしょう。

新たな敵の登場。新たな戦争の登場。新たな戦士の登場。彼らはTier 1。

(※英語版公式サイトの文章より翻訳)

ストーリー

第二次世界大戦の終結から56年後の2001年9月11日。
イスラム系反米・反ユダヤ武装テロリスト組織「アルカーイダ」がアメリカで引き起こした同時多発テロ事件は全世界に衝撃を与えた。
アメリカでは翌日12日にジョージ・W・ブッシュ大統領が対テロ戦争を宣言し、アルカーイダと関係を持つアフガニスタンのターリバーン政権に対し首謀者ウサーマ・ビン=ラーディンを含む関係者の引き渡しを要求するも政府はそれを拒否。
10月2日、北大西洋条約機構(NATO)は国際連合安全保障理事会決議1368に基づいた集団自衛権を発動。
アメリカ軍とイギリス軍を中心とする有志結成の連合軍はアフガニスタンへの空爆を開始し、また一つ戦争の火蓋が切られた。
そしてアメリカ軍は最初の大規模地上部隊として陸軍第75レンジャー連隊をアフガニスタンへ投入し、また同じくアメリカ国家指揮権限(NCA)指揮下の精鋭兵士達「Tier 1 Operator」も潜入を開始する。

公式トレーラー


スクリーンショット

※画像をクリックすると拡大して表示されます
1.jpg 2.jpg 3.jpg
4.jpg 5.jpg 6.jpg
7.jpg 8.jpg 9.jpg
10.jpg 11.jpg 12.jpg
13.jpg 14.jpg 15.jpg
16.jpg 17.jpg 18.jpg